マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます

マルチフィルムを使うことによって
温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり
土の深くにも浅く横にも広がっていきます

スポンサーリンク

追肥の時にマルチングの両側に溝を作って肥料をまくのも
根の伸びるさきに肥料を置くことでいっそうの根の張りを促すためです

また深さ20?30?に肥料を埋めておくと野菜の根が肥料分をもとめて
地中深くに張るためそれだけ株がしっかりと充実し、夏の暑さにもよく耐えます

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
マルチング 家庭菜園栽培の基本
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました