初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

投稿日:

耕起(耕うん)とは?

耕起というのは、畑を耕すことです。
クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。

土のかたまりなどができないように、上手に砕くようにしてサラサラになるようにします。
これを「砕土」といいます。

スポンサーリンク

畑を耕すことは、どんなメリットがあるのか?

・土のかたまりを取ることで、土の通気性を良くすることができます
・砕土をすることで、完熟堆肥や、土壌改良材、肥料を良く土になじませる事ができます
・水はけ、水持ちの良い土を作ることができ、根っこを上手に伸ばすことができます
・雑草や石などを同時に取り除くことで、土の中の不要なものをなくします

スポンサーリンク

耕起のポイント

雨の降った後などは、ぬかるんでいるだけでなく、土のかたまりがなかなか砕けません。
畑が適度に乾いている時を見計らって耕していきましょう。
できるだけ、土を砕くようなイメージでクワを入れて良くかき混ぜます。

耕起の時期は、秋?冬に行うのが1番良いでしょう。
風雨や、冷たい冷気に晒しておくことで土がかたまりにくくなり、
病害虫の防除や、雑草の予防としても役立ちます。

土壌改良について

耕起の際は、酸性化した土の調節のため、堆肥や石灰などを混ぜますが、
さまざまな石灰資材と、熔リン、窒素目的の堆肥などは一緒に入れないようにします。

それらを間隔を開けずに施すと、アンモニアガスが発生して、成分が逃げてしまいます。
そうならないためにも、石灰を必要とする際は、石灰を与えて2週間ほどした頃に、
堆肥などを与えるようにします。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

no image

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

野菜には、さまざまな品種があります。トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。 また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくな …

no image

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、 小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。 また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。 冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の …

no image

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。 南関東のほとんどは、温 …

no image

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、 作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要 …

カテゴリー

最近のコメント