初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

投稿日:

耕起(耕うん)とは?

耕起というのは、畑を耕すことです。
クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。

土のかたまりなどができないように、上手に砕くようにしてサラサラになるようにします。
これを「砕土」といいます。

スポンサーリンク

畑を耕すことは、どんなメリットがあるのか?

・土のかたまりを取ることで、土の通気性を良くすることができます
・砕土をすることで、完熟堆肥や、土壌改良材、肥料を良く土になじませる事ができます
・水はけ、水持ちの良い土を作ることができ、根っこを上手に伸ばすことができます
・雑草や石などを同時に取り除くことで、土の中の不要なものをなくします

スポンサーリンク

耕起のポイント

雨の降った後などは、ぬかるんでいるだけでなく、土のかたまりがなかなか砕けません。
畑が適度に乾いている時を見計らって耕していきましょう。
できるだけ、土を砕くようなイメージでクワを入れて良くかき混ぜます。

耕起の時期は、秋?冬に行うのが1番良いでしょう。
風雨や、冷たい冷気に晒しておくことで土がかたまりにくくなり、
病害虫の防除や、雑草の予防としても役立ちます。

土壌改良について

耕起の際は、酸性化した土の調節のため、堆肥や石灰などを混ぜますが、
さまざまな石灰資材と、熔リン、窒素目的の堆肥などは一緒に入れないようにします。

それらを間隔を開けずに施すと、アンモニアガスが発生して、成分が逃げてしまいます。
そうならないためにも、石灰を必要とする際は、石灰を与えて2週間ほどした頃に、
堆肥などを与えるようにします。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。 野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、 さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなりま …

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

家庭菜園の連作障害対策|同じ野菜を続けて栽培してはいけません

家庭菜園での連作障害を考えると エンドウ、スイカ、ナスのように 6?7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、 小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。 家庭菜園のせまい …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …

カテゴリー

最近のコメント