初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

投稿日:

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。
特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、
煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。

トマトの場合は、サラダなどの生食に向いているものと、ピューレや、
ケチャップなどの加工に向いているものがあります。

生食には、酸味・甘味・瑞々しさなどがポイントとして挙げられますが、
加工の場合には、硬いもの・酸味の強いものが向いているとされます。

また、加工する場合、形にはこだわる必要がなくなりますので、
収穫量の多い品種を選ぶことや、緑の部分が少なくなる真っ赤な品種など、
そういったものから、品種を選ぶと良いです。

スポンサーリンク

トマトは、一般的に支柱を立てて誘引しながら育てていきますが、
地這い性の品種もありますので、そういった品種を選べば、
管理の手間も省くことができます。

その他にも、さまざまな野菜が用途によって品種が分けられています。
スーパーに行けば、1つの品種のものしか販売されていない
なんてケースも多いですが、家庭菜園では用途に合わせた栽培・収穫ができます。

同じトマトを育てる時にも、生食用のものと加工用のものを育てるなど、
品種を変えて育ててみるのも、家庭菜園の楽しみの1つだと思います。

キャベツ・ダイコンなども、それぞれの品種に特性がありますので、
どのように調理するかといった事も、頭に入れながら育てる品種を
考えて行きたいところですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

no image

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。 南関東のほとんどは、温 …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

カテゴリー

最近のコメント