初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

投稿日:

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。
特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、
煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。

トマトの場合は、サラダなどの生食に向いているものと、ピューレや、
ケチャップなどの加工に向いているものがあります。

生食には、酸味・甘味・瑞々しさなどがポイントとして挙げられますが、
加工の場合には、硬いもの・酸味の強いものが向いているとされます。

また、加工する場合、形にはこだわる必要がなくなりますので、
収穫量の多い品種を選ぶことや、緑の部分が少なくなる真っ赤な品種など、
そういったものから、品種を選ぶと良いです。

スポンサーリンク

トマトは、一般的に支柱を立てて誘引しながら育てていきますが、
地這い性の品種もありますので、そういった品種を選べば、
管理の手間も省くことができます。

その他にも、さまざまな野菜が用途によって品種が分けられています。
スーパーに行けば、1つの品種のものしか販売されていない
なんてケースも多いですが、家庭菜園では用途に合わせた栽培・収穫ができます。

同じトマトを育てる時にも、生食用のものと加工用のものを育てるなど、
品種を変えて育ててみるのも、家庭菜園の楽しみの1つだと思います。

キャベツ・ダイコンなども、それぞれの品種に特性がありますので、
どのように調理するかといった事も、頭に入れながら育てる品種を
考えて行きたいところですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

野菜つくり

栽培期間の長い野菜

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、 栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。 ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかると …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。 お手入れするのに労力が要りますし …