ホーム » みんなの家庭菜園体験談 » ミニトマト・アイコが家庭菜園にはまったきっかけ

スポンサードリンク

ミニトマト・アイコが家庭菜園にはまったきっかけ

私の会社で人からトマトをいただきました。
私はトマトは食べれないわけではないのですが、
あまり好んで食べる事はないのですが、
せっかくいただいたので食べてみました。

するととても甘く、皮がはじけるような感覚で甘さもありました。
その人に何のトマトなのか聞くと、アイコだそうです。
早速、近くのホームセンターに行き、園芸コーナーを見てみると簡単に発見できました。


家庭菜園するにあたり、本屋で家庭菜園の本を買い、
すぐに庭の一部を菜園コーナーにしました。
説明や写真で見る限りは間違いがないようなので、
後は水やりや肥料なと管理していく事になります。


しばらくすると勢いよく幹が伸びていき、
あんまり世話していないのにいまにも実ができそうです。
途中で大雨が二回ほど降りましたが、日当たりが良いからなのかよく育ちます。
よく観察すると、もう黄緑いろした実がいくつか確認できました。
好みが赤くなれば食べれると思うと楽しみです。


ほどなくして、よく観察するまでもなく実が赤くなってきているのですが、
いつ収穫してよいのかが今ひとつ分かりませんがちょっといただいてみました。
会社の人にもらったアイコよりは甘さが足りない気もしますが、
そのへんで売っているトマトに比べるととても美味しかったです。


何より自分で育てた事もありますが、この感動は忘れられません。
こんなに簡単に野菜が作れるのなら、もっと早く行動していればよかったです。
まだ、初心者ですが家庭菜園にはまりそうです。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top