初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

次郎丸ホウレンソウの育て方

投稿日:

野菜を作るには、先ず土作りが大切です。
雑草取りが、体力を要する大仕事です。
腰痛持ちの私には、苦難の作業です。
一日少しづつ取り、その後石炭をまき、
一週間位放置して牛糞をまいてよくかき混ぜるのです。
更に、一週間ねかせてうね作りをします。
10センチ間隔に溝を作り、種を蒔くのですが、
ここで種に早く芽を出して貰う為、前日から冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
次の日、外気の湿度に吃驚して種は目を覚まし、
元気が出て、早く芽を出そうとします。
元肥をします。これは、微生物活性有機肥料で、
菌根菌が植物を強くする働きがあります。
花や野菜の培養土です。
2週間もしたら、次郎丸法蓮草の新芽がぐんぐん伸びてきます。
次は根っ子に土寄せをします。根元をしっかりさせ、
根を張らす為の過程で大切な作業です。
昔は、次郎丸法蓮草の根っ子は赤色だったのですが、今では少なくなりました。
カロチンが多いので、食べる様に教えられたものです。
野菜造りは、愛情が必要です。野菜に頑張れと声を掛けます。
野菜作りをして10年、ナスビ、ミニトマト、キュウリ、ゴーヤ、
ネギ、チンゲン菜、ニンジン等を作り、園芸を楽しんできました。
水やり、草取り、肥料の後肥をします。
これは、天然有機原料主体の安心安全の有機培養土です。
これで実が締まった美味しい野菜が出来ます。
根の張りが抜群で、効果がはっきり分かる天然有機肥料入り培養です。
土壌中の、有効微生物の働きが盛んになります。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ダイコン「耐病総太り」の育て方

昨年の秋から育てた「耐病総太り」という青首大根は、大豊作でした。 その作り方をご紹介します。 種まきは9月上旬から蒔き始めました。 種をまく前に畝の準備です。 苦土石灰・化成肥料・牛糞堆肥をまき、 長 …

no image

家庭菜園でニラのプランター栽培

ニラは家庭菜園にとても向いていて、カニなどが入った発泡スチロールをきれいに洗って 雑菌を落とし、下の四隅と真ん中に1?くらいの穴をあけ、そこに黒い栄養のある土を入れて、 植えておくと、花にやる程度と同 …

no image

ズッキーニ栽培のコツ|株間と収穫のタイミングに注意

ズッキーニを栽培する場合は、 とにかく「場所」に気をつけなければなりません。 ズッキーニは「つるなしかぼちゃ」と言われる野菜であり、 つるがない分、そこまで幅を取らないようなイメージを抱かれがちですが …

no image

家庭菜園でのオクラの育て方

オクラは、北アフリカ原産で、発芽温度は25度から30度です。 生育適温は昼は、28度から30度、夜は20度から23度の高温性作物です。 夜温14度以下では生育がひどく悪くなってしまいます。土壌はあまり …

no image

家庭菜園でジャガイモを栽培しています

今年もジャガイモの種を植えました。 毎年2品種を作っていて、今年は定番の「キタアカリ」と「メイクイーン」を。 いつも市内のJAで種イモを買うのですが 色んな品種に目が行くんですよね・・・ 「インカの目 …