初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の1年間の栽培作業計画

家庭菜園での2月の作業|春夏の野菜作りの準備・種まき

投稿日:

家庭菜園で2月に行うべきこと

皆さんは節分を期に暦上春になることご存知でしたか?
ちょっと意外ですが、2月3日より暦の上では「春」と
なるのです。

しかしまだまだ寒い時期ではありますよね。
地域によってはまだ雪が降るところもあるかと思います。
作物にも防寒・防風対策は必要となります。

2月になると段々日光の光も強まってきますので、
作物が元気に生長しはじめるのももう少しです。
春・夏の家庭菜園の準備をはじめていきましょう!

■2月より栽培出来る夏野菜

2月上旬になるとトマトやナス・ピーマンなどの
トンネル栽培が可能です。種をまき始めて下さい。

IMG_1332.JPG

しかし、これらは連作障害が起こりやすい作物ですので
連作障害が起こらないように注意してください。

また、2月の上旬はまだまだ寒い季節になりますので、
発芽器や育苗器を活用して育てると良いでしょう。

スポンサーリンク

⇒ピーマンの種まき

⇒ナスの種まき

小さな家庭菜園であれば、5月上旬頃より販売される
苗を購入するのも1つの手です。

■2月の早まき野菜について

防寒をしながら早まきの栽培をすることも出来ます。
マルチングやトンネルを使い、色々な野菜に挑戦してみましょう。

代表的な野菜としては、ほうれん草・小松菜・水菜、
ルッコラ、カブ、ニンジンなどが挙げられます。

トンネル栽培は温度が高くなってしまう傾向にありますので、
換気することも大切になってきます。

■2月にお手入れが必要な作物

まだまだ寒風・霜などが気になる季節となりますので、
マルチをして北側には笹や竹などを立てておくと良いでしょう。

イチゴは新芽が伸びる時期となります。
2月中旬?末頃は春に収穫される野菜の追肥と土寄せを行います。

また、下旬になったらジャガイモを受け付けるのもお勧めです。

■2月に収穫出来る野菜

キャベツやメキャベツ、ほうれん草などが収穫できます。
寒さにしっかり当たった野菜はとても美味しく仕上がります。

スポンサーリンク

-家庭菜園の1年間の栽培作業計画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での8月の作業|種をまいた野菜の苗がどんどん混み合う 時期

真夏日となるこの頃は、種をまいた野菜の苗がどんどん混み合う時期です。家庭菜園での作業も多くなっていきますが、熱中症などには十分注意しましょう。 混み合ってきた苗は、数回に分けて間引きを行います。1度に …

野菜つくり

家庭菜園での5月の作業|夏野菜の苗を定植しよう

ゴールデンウィークを過ぎた頃になると、 段々気候も安定して、暖かく感じるようになってきます。 私たち人間と同じように植物も育ちやすい環境が 徐々に整ってきます。 スポンサーリンク 夜は比較的まだ寒いと …

野菜つくり

家庭菜園での9月の作業|秋冬野菜は種まき、植え付けのタイミングが重要

9月上旬になってもなかなか暑さという点では抜けませんが、 それでも夕方頃になると、家庭菜園の作業も非常に楽になるかと 思います。 下旬を過ぎると天候によって寒いと感じる日もあると思いますので 風邪など …

no image

家庭菜園での12月の作業|本格的な寒さ対策を

12月になると段々と本格的な寒さが訪れ、霜が降りる日も多々あるかと思います。私たちも重ね着をするように、野菜たちも寒さに参る頃です。 収穫の点で言えば新鮮な緑黄色野菜が少なくなってくる頃です。しかし、 …

家庭菜園 ホウレンソウ

家庭菜園での4月の作業|本格的に野菜作りをはじめよう

4月になると気温も徐々にあがってきていよいよ本格的な家庭菜園シーズンとなってきます。栽培できる野菜もたくさんあります。ただ4月の上旬ですと野菜の種類によっては早すぎるものもありますので注意しましょう。早く植えすぎると強風や遅霜によって生育が悪かったり、枯れてしまうこともあります。

カテゴリー

最近のコメント