ナスの種まき|家庭菜園でのおいしいナスの育て方

家庭菜園 ナス ナスの育て方

苗半作といわれるほど、健康で丈夫な苗を作ることが、
定植したあとの順調な生育、収穫につながります

種まきの後は十分な温度と水分が重要です

とくにナス科の野菜は寒さに弱いので、
2?3月にナスの種まき・育苗をする場合は
ビニールトンネルに入れたり、
夜間は毛布で覆って保温するなどの作業が必要です

プラグトレー(小さな育苗鉢がいくつもつながっている容器)に
1セルに1粒ずつまき、種に十分な栄養とスペースをいきわたらせます
芽が出たらたっぷりと日に当てます

種、土のほか種まきに必要な道具として
ふるい、じょうろ、移植ごて、プラグトレー、ポットなどがあります
ナスを鉢上げするときに根を傷めやすいので、
箱まきよりもプラグトレーの使用がおすすめです

発芽にはある程度の養分が必要なため、
種まき用の土は有機質が配合された培養土を使います

スポンサーリンク

畑の土を使う場合は種まきの1週間前に
土の容量2リットルあたり一握りの油粕をよく混ぜておきます

プラグトレーの7分目まで土を入れたら、上層はふるいで細かい土をいれます
プラグトレーの下から水が流れ出すくらい、水をたっぷり与えます
プラグトレーごと水に浸してもいいです

セルに1粒ずつ種を置いていきます
このときに手がぬれていると
ナスの種が手にくっついてしまうので注意しましょう

ふるいを使って細かい土を
ナスの種が完全に隠れるくらいかぶせます

そしてかるく水やりします
このときに勢いよくかけると
種が流れ出てしまうので注意しましょう

なすを上手に発芽させるためには湿度が重要です
ナスの種をまいたあとは毎日チェックできるような場所において
乾燥しないように水やりをするか、
乾燥を防ぐために新聞紙かぶせておいてもいいです
ただし芽が出たらすぐにとらなければいけません

ナスの種をまいてからの発芽日数は25℃から30℃ですと
だいたい5日くらいです
温度が低いともっと日数がかかります

 ナスの種まき 

ナスの育苗・鉢上げ

ナスの定植

ナスの仕立て方・誘引

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
ナスの育て方 種まき 野菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました