野菜の虫除けを化学農薬以外で対策|家庭菜園の害虫防除

木酢液などの天然物質と同じ成分を使ったものでも、
病害虫から野菜を守る効果を得ることができます。

IMG_1492.JPG

ただし、一般的な薬剤とは異なるものですから、その効果は緩やかです。
劇的な効果は期待できませんので、生育初期などは、こういったものを使い、
なるべく、薬剤に頼らない野菜作りをしたいですね。

IMG_1440.JPGのサムネール画像

■さまざまな農薬

木酢液は、炭を焼く時に煙が冷やされてできる副産物です。
木材のタール、フェノール、有機酸などが含まれている液体であり、
薬剤に散布すると、虫を寄せ付けにくくします。

スポンサーリンク

木酢液の臭いは、私たちにも分かるほどで、苦手な人がほとんどですが、
虫にとってもそれは同じであり、予防、カビの抑制に効果的です。

トウガラシには、カプサイシンが含まれていることが有名ですが、
このカプサイシンを虫は嫌います。
コンパニオンプランツとして使われることもありますし、カプサイシンの含まれる
液体としても販売されています。

銅水和剤は、天然成分を使った農薬で化合物を原料としています。
斑点細菌病や、べと病、もち病などさまざまな殺菌効果があります。

他にも、澱粉液剤、炭素水素カリウム水溶剤、BT水和剤
などが良く使われますが、これらは農薬として登録されていないものです。

効果は、物によって大きく異なりますので、予防したい害虫に効果のあるものを調べ、
効率良く使うようにしてください。

尚、農薬のように使用するのは農薬取締法上の問題がありますので、
注意して使うことも忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園での農薬の使い方 家庭菜園の病害虫防除
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました