初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方 家庭菜園の病害虫防除

野菜の虫除けを化学農薬以外で対策|家庭菜園の害虫防除

投稿日:

木酢液などの天然物質と同じ成分を使ったものでも、
病害虫から野菜を守る効果を得ることができます。

IMG_1492.JPG

ただし、一般的な薬剤とは異なるものですから、その効果は緩やかです。
劇的な効果は期待できませんので、生育初期などは、こういったものを使い、
なるべく、薬剤に頼らない野菜作りをしたいですね。

IMG_1440.JPGのサムネール画像

■さまざまな農薬

木酢液は、炭を焼く時に煙が冷やされてできる副産物です。
木材のタール、フェノール、有機酸などが含まれている液体であり、
薬剤に散布すると、虫を寄せ付けにくくします。

スポンサーリンク

木酢液の臭いは、私たちにも分かるほどで、苦手な人がほとんどですが、
虫にとってもそれは同じであり、予防、カビの抑制に効果的です。

トウガラシには、カプサイシンが含まれていることが有名ですが、
このカプサイシンを虫は嫌います。
コンパニオンプランツとして使われることもありますし、カプサイシンの含まれる
液体としても販売されています。

銅水和剤は、天然成分を使った農薬で化合物を原料としています。
斑点細菌病や、べと病、もち病などさまざまな殺菌効果があります。

他にも、澱粉液剤、炭素水素カリウム水溶剤、BT水和剤
などが良く使われますが、これらは農薬として登録されていないものです。

効果は、物によって大きく異なりますので、予防したい害虫に効果のあるものを調べ、
効率良く使うようにしてください。

尚、農薬のように使用するのは農薬取締法上の問題がありますので、
注意して使うことも忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方, 家庭菜園の病害虫防除
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

シンクイムシ(ハイマダラノメイガ)を防除する|ダイコン、キャベツは特に注意

アブラナ科の野菜にはモンシロチョウ、コナガ、アブラムシなど、 たくさんの害虫がつきますが、家庭菜園でキャベツやハクサイを植えたり、 ダイコンの種まきをするこの季節に最も注意しなければいけないのは、 通 …

no image

ピーマンの害虫オオタバコガ|へたの近くの小さな穴に注意

ピーマンの葉や茎、実を食害する害虫にハスモンヨトウやオオタバコガなどがいます とくにオオタバコガの被害は大きく、夏から秋にかけて発生し、ピーマンの内部に入り込み内部の種を食い荒らします ピーマンのへた …

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

野菜つくり

農薬散布に適した時間帯|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布に良い時間帯は、朝のまだ気温の低い時です。 特に、害虫の被害の増える夏場は薬剤を散布することも多いと思いますが、 この時期の日中に作業するのは、体力的にも厳しい作業となります。 スポンサーリ …

カテゴリー

最近のコメント