初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

エダマメの育て方 家庭菜園ブログコラム

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

投稿日:

枝豆2.jpg

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、
あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか?

実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども
豊富に含まれていて、夏バテの解消にも良いとされています。

自宅でも簡単に育てることの出来る作物ですので、
ビールのおつまみとして、夏バテ防止・解消として、
是非、家庭菜園で育ててみてください。

枝豆の歴史は古く、夏の栄養補給源として奈良時代から
食べられていました。江戸時代には、枝豆を売る人も見られたほど、
人気の高い食材だったと言います。

そんな枝豆は、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、
タンパク質を多く含んでいます。糖質をエネルギーに変える役割の
あるビタミンB1は、疲労回復にも役立ちます。

スポンサーリンク

また代謝を促す効果もあるため、栄養ドリンクなどのスタミナ回復には、
ビタミンB1は多く含まれています。

また、大豆の未熟豆としても知られている大豆ですが、大豆にはない、
ビタミンA・ビタミンCも含んでいます。

ビタミンB1・ビタミンC、枝豆にあるメチオニンは、肝機能の負担を
軽くし、アルコールの分解を助ける効果も期待出来ますので、
ビールのおつまみには、もってこいの食材です。

更に、むくみの原因となっているナトリウムの排出も助ける、
カリウムも豊富に含まれていますので、まさに夏の万能食材です。

スーパーなどで購入する場合は、さやが膨らんでいる物、
豆の1粒が大きいもの、より濃い緑色をしているものを選ぶと、
より美味しい枝豆が食べられます。

ヘルシーでもありますので、今年の夏は枝豆を食べて、
夏を乗り切りましょう!

⇒エダマメの育て方

スポンサーリンク

-エダマメの育て方, 家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での枝豆栽培|上手に作るには水をうまくやるのがコツ

枝豆の元は大豆です。大豆を若い内に収穫したものが枝豆で、居酒屋などの飲む場所では、絶対にあるメニューでもあります。 ご家庭でも晩酌のお供として枝豆を食べているという方も、多いのではないでしょうか? 食 …

no image

家庭菜園でじゃがいもを栽培しよう

私の母は農家出身なので、野菜の事に関していろいろ知っています。 もちろん栽培方法についてもです。 そんな母から様々な野菜の育成法を習った私がお勧めするのがジャガイモです。 プランターや鉢植えなんかでは …

no image

家庭菜園のコストパフォーマンス|費用対効果の高い野菜

私は庭付き一軒屋に一人暮らししております。 庭付きと言うこともあって、そこでちょっとした家庭菜園をしています。 また一人暮らしと言うこともあって、出来るだけ出費を抑えたく、家庭菜園を始めました。 出費 …

野菜つくり

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。 この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた 原産地を見ることが出来ます。 ■バビロフ氏による野菜の原産地 1.南アメリ …

no image

無農薬栽培の害虫対策|

無農薬栽培にしたいけど、毎日虫取りの十分な時間が取れない…。 私もその一人です。十分には時間が取れませんし、畑の作業は、 虫取りだけではありませんので、他の作業が疎かになってしまいます。 …

カテゴリー

最近のコメント