初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトの植え付け後の手入れ方法|芽かき作業が重要

投稿日:

トマトの苗を植えつけた後は…?

トマトの苗を植え付けたら支柱を立てて紐などで軽く固定します。
トマトのお手入れの中でも重要なのは「芽かき」ですので、
こちらについて詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

芽かき(摘芯)とは?

脇芽を手でひねるようなイメージで摘み取ることを芽かきといいます。

大体トマトの場合、植え付けから10日ほど経過すると、
枝の付け根からどんどん脇芽が出てくるようになります。

伸ばしっぱなしにしてしまっても、枝の数が増えて花の芽も付きますから
問題ないように感じますが、花芽が増えれば増えるほど
主枝となる部分の生長が遅れることにもなりかねません。

また、トマトの実がつきすぎて1つ1つに栄養が回らず
トマトの味を落としてしまうことにも繋がります。

トマトの連作障害について

ナス科の植物であるトマトは連作障害についても
気をつけなければなりません。

同じナス科の植物を毎年同じ場所で育てると、病気になりやすく
なったり、育ちにくくなるといった連作障害が生じます。

他のナス科の植物はナスやジャガイモなどがありますが、
トマト⇒トマトは勿論、トマト⇒ジャガイモとしても
連作障害は起こりうるケースです。

ナス科の植物は同じ場所で栽培しないように
ナス科⇒マメ科など違う品種・違う科のものを育てるように
心がけましょう。

⇒ナス科の連作障害

トマトのお手入れで注意したいこと

トマトは雨に弱いという傾向があります。
直接雨に当たってしまうと割れてしまうこともあります。

6月や台風の時期などは最も気をつけたい時期と言えます。
高温多湿の天気が続くとモザイク病やうどんこ病などの病気にも
なりやすくなるため、雨が直接当たらないような工夫が必要です。

スポンサーリンク

⇒家庭菜園の台風対策

トマトを栽培している農家のほとんどはハウス栽培です。
家庭菜園で行う場合も雨除けは必須となります。

トマトは乾燥している地域の植物となるので、
こういった特徴をもっているのです。現代では色々な品種改良が
試みられていますが、こういった性質はなかなか変えることが出来ないようです。

IMG_1032.JPG

初心者にお勧めなのはミニトマトやプチトマト

根っこの強いトマトは育てやすい植物だとされていますが、
普通のトマトを完熟させるまで育てるのはなかなか難しいことです。

そのため家庭菜園をはじめてやる方や、初心者の方は、
プチトマトやミニトマトなどの品種を育てるのが良いかと思います。

ベランダなどの小さいスペースでも育てられるので
非常に人気です。

トマト

トマトを育てるためにお勧めの品種

ハウスなどの雨除けも必要なく、病害虫にも強い
豊福やホーム桃太郎などの品種は大きなトマトの中でも
育てやすい品種といえます。

スーパーなどでは基本的に販売されていない品種も
カゴメやデルモンテなどから苗として販売されているので
そういったトマトを育てるのも1つの醍醐味です。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

調理用トマトの品種紹介|おいしい調理用トマトの育て方

調理用トマトを栽培する前には支柱栽培の品種か 地這い栽培の品種かチェックしてしておきましょう。 スポンサーリンク

no image

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、 レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。 しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、 忙しい …

no image

トマトの分類|トマトにはいろんな色、形、品種があります

トマトを使い方で分類すると 生食用トマト、 ジュース用トマト、 クッキングトマト(加熱調理用トマト) に分けられます。 ○生食用トマト 生食用トマトは果実の大きさでさらに3つに分けられます。 …

no image

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、 特に、人気・需要の高い野菜です。小さなお子さんとの栽培など、 家庭菜園ではなく、小さなベランダなどで栽培している人も多いようです。 しかし、トマト …

no image

トマトのわき芽を取って整枝する|病気の予防になりすくすく育つ

トマトは、主枝1本仕立てにして管理します。 この方法に仕立てるには、整枝とよばれる作業が必要です。 整枝とは、主枝の生長段階ででてくる脇芽を全て摘み取ってしまうこと、 この作業が、トマトの病気予防にも …

カテゴリー

最近のコメント