初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キャベツの育て方 野菜の育て方

キャベツの種まき|おいしいキャベツの育て方

投稿日:

キャベツは苗を買うよりも種から育てたほうが
たくさん作れるし費用もかかりません

キャベツの種まきに用意するもの

キャベツの種子

128穴プラグトレー

培土(うちではタキイ 種まき培土20L(園芸用);を使ってます)

新聞紙など

あればバーミキュライト(なくても大丈夫です)

まず128穴プラグトレーに土をつめます。
20Lの種まき培土でプラグトレー6枚分くらいとれますが、バーミキュライトがない場合は覆土用にすこし培土を残しておきます。

プラグトレーに土をつめたら、水をたっぷりかけます。
水をかけると少し土が沈むのでそこに種をまきます。

キャベツの種はだいたい1mlで128穴プラグトレー1枚分まけます。

スポンサーリンク

種が播き終ったらプラグの開いている部分に土をかぶせます。
バーミキュライトがある場合はバーミキュライトで覆土し、
ない場合はプラグトレーにつめた培度を覆土します。

土をかぶせたら水をたっぷりかけます。

そして乾燥を防ぐために新聞紙をかぶせておきます。
少しでも発芽が確認できたら新聞紙は取り外しましょう。

夏から秋にかけてキャベツの種をまく場合はだいたい3日くらいで発芽します。
3日後には新聞紙は取り外すようにしましょう。
かぶせたままにしておくと徒長して弱弱しい苗になってしまいます。

7月下旬?8月中旬のすごく暑い時期に種をまく場合は昼間に日よけなどをして暑くなりすぎないようしましょう。
芽が出るまでは日陰の涼しいところにおいておいても大丈夫です。

芽が出てからは光をたっぷり当ててやると丈夫なしっかりとした苗になります。
このときも高温や乾燥には注意が必要です。

種をまいてからだいたい30日で定植できるようになります。

スポンサーリンク

-キャベツの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の分類|同じ科の野菜を知って連作障害を防ぐ

野菜はいろいろな種類がありますね野菜は利用部分から葉菜、果菜、根葉に大きく分類されます。 さらに科としても分類されます。 同じ科の野菜を連作、つまり同一の圃場に毎年連続して同一種類の作物を栽培すると、 …

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの栽培・育て方|ビタミンCで夏の栄養補給に大活躍

ピーマンの栽培ポイント スポンサーリンク ピーマンは連作障害を起こしやすいので ピーマン、ナス、トマトのあとには 3-4年植えないようにします。 スポンサーリンク

no image

キャベツの育て方・栽培方法|栄養満点で食卓には欠かせない野菜

キャベツの栽培ポイント キャベツは苗が一定の大きさになったときに、 15℃以下の低温に一定期間あうと、 花芽ができ結球せずに花が咲いてきてしまいます。 キャベツは品種によって適期のタネまき時期を守り、 …

ジャガイモ

じゃがいもの育て方・栽培方法|保存しやすい常備野菜

じゃがいもの栽培のポイント 前年に自家で取れたじゃがいもは芽が伸びていたり、 ウイルス病にかかっている場合もあるので じゃがいもの種イモは市販のものを使ったほうがよいでしょう。 じゃがいもは連作を嫌う …

no image

ほうれん草の育て方・栽培方法

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、 江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種 …