初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

エダマメの育て方

家庭菜園で枝豆とおいしいビールを楽しむ

投稿日:

夏のビールのお供と言えば、やっぱりエダマメですよね。
居酒屋の定番メニューとも言えるエダマメは、塩茹でするだけで、
とっても美味しく、栄養価も高いので、おすすめです。
また、エダマメに含まれているメチニオンには、アルコールより、
肝臓や腎臓を守ってくれるというはたらきもありますので、
ビール好きのおつまみとしては、最適な食べ物です。
ただ、鮮度は落ちやすいと言われている作物となりますので、
エダマメを収穫した際や、購入した際はすぐに茹でて食べたいところです。
またこのことより「鍋に火をかけてから収穫しなさい」なんて教えがあるほどなんです。
このように、エダマメの美味しい期間はとても短く、収穫直後のエダマメは、
ほくほくとした食感と、マメならではの甘み、兼ね揃えていて、
家庭菜園ならではの味を楽しむことができます。
ただし、たくさん収穫してしまった時は、やっぱり一度に食べきれず、
保存をしておくことになりますよね。
そんな時は、塩茹でした後に冷凍保存をしておいてください。
この時、固めに茹でておいて、完全に覚ました後に冷凍するのがポイントです。
また、食べる時は軽く茹で直して、塩を振って食べてください。
こうすることによって、鮮度を落とさずにエダマメを楽しむことができます。
IMG_1313.JPGのサムネール画像
エダマメは、3月後半?4月前半にポットに種をまいて育苗した後、
4月中旬頃より、トンネル栽培を行うと、害虫の被害のリスクを減らすことができます。
この方法は早熟栽培と呼ばれる方法ですので、家庭菜園初心者の方は、
この方法で育てることをおすすめします。

スポンサーリンク

-エダマメの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのおいしいエダマメの育て方|

ビールのおつまみとしても良く食べられている枝豆。自宅で栽培したいと考えている方も多いのではないでしょうか? 枝豆のお手入れとしては、本葉が出てきた頃に間引きを行い、1本?2本立ちにします。地植えの場合 …

no image

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか? 実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども豊富に含まれて …

no image

家庭菜園での枝豆栽培|上手に作るには水をうまくやるのがコツ

枝豆の元は大豆です。大豆を若い内に収穫したものが枝豆で、居酒屋などの飲む場所では、絶対にあるメニューでもあります。 ご家庭でも晩酌のお供として枝豆を食べているという方も、多いのではないでしょうか? 食 …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

エダマメの日本の歴史と栄養価

エダマメは、緑黄色野菜です。緑黄色野菜に含まれている、 ビタミン類や、カロテン、ダイズに含まれる脂肪、タンパク質、鉄分、 さまざまな栄養素を1度に取ることができ、夏バテ解消にも良いとされます。 エダマ …

カテゴリー

最近のコメント