初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの育て方|わき芽も収穫できる栄養価の高い野菜

投稿日:

ブロッコリーは、アブラナ科に属する野菜で
ブロッコリーの芽には、発がん率を下げる効果もあるとされており、
近年、医学的にも注目を浴びている野菜です。

私たちが食べているブロッコリーというのは、花の蕾と茎の部分です。
カルシウムや鉄、カロチンなどが豊富に含まれている食材ですので、
とても栄養価の高い野菜と言えます。

生命力が高いため、スーパーで購入したブロッコリーをそのままに
しておくと、開花してしまうこともあります。
主婦の方であれば、そんな経験されたこともあるのではないでしょうか?

ブロッコリーは秋から冬にかけて育てる野菜です。
中心の花茎を切り取っていても脇芽がどんどん大きくなりますので、
収穫期も長く、食卓にも彩りを飾ってくれます。

また春先まで株を残しておくと、菜の花に良く似た蕾が出来ます。
この部分もサラダやおひたしなどとして食べることができるので、
ダイコンのように、色々な楽しみ方が出来る野菜でもあります。

そんな万能なブロッコリーの苗は、9月を過ぎた頃に販売が開始されます。
ブロッコリーの発芽率は高めですので、初心者の方でも簡単に
育てることが出来るため、苗からではなく種から育てるのがお勧めです。

スポンサーリンク

ブロッコリーの種まきは2通り。春先に種をまき夏に収穫する春蒔き、
夏の終わりに種をまき冬に収穫する秋蒔きがあります。

春蒔き栽培をする場合は、害虫の被害に注意しなければならないため、
秋蒔き栽培が初心者の方にはお勧めです。
春はどうしても害虫が活発になってしまうので、ある程度仕方ないです。

種を苗床にまき、苗を育て、それを畑に移植するという方法もありますが、
そちらの方法ですと、手間がかかりますので直播きがお勧めです。

準備としては、堆肥や油粕、魚粉といった有機質肥料を土にすき込み、
畝を作っておくことです。畝を2本にする場合は、畝間を30センチほど
あけておくと良いでしょう。

葉物野菜に関しては筋状に種をまくのが一般的ではありますが、
ブロッコリーの場合は、筋状ではなく30センチほどの感覚をあけつつ、
3?4粒をまいていくのが一般的です。

プランター栽培をする場合は、70センチほどのプランターを用意し、
株間を40センチほどあけて、2つの苗を植え付けます。

スポンサーリンク

-ブロッコリーの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ブロッコリーの間引きとスティックセニョールの育て方

ブロッコリーは食卓に並べるにも、お弁当にも、彩りが良く非常に重宝する野菜の1つでもあります。 今日は、そんなブロッコリーを家庭菜園で育てる時のお手入れについて紹介していこうと思います。 ブロッコリーの …

no image

ブロッコリーの種まき|夏の育苗は風通しのよい場所で

栄養がある緑黄色野菜の代表がブロッコリーです。濃い緑色の部分や、独特の味というのは非常に癖になるもので、茹でて、マヨネーズを付けるだけでとても美味しいものです。 家庭菜園でもブロッコリーは非常にお勧め …

no image

ブロッコリーの歴史と仲間たち

ブロッコリーは、花蕾(からい)と呼ばれる、つぼみや、花の茎を食べる、 少々変わった野菜です。花菜類に分類される、葉菜類の野菜です。 ブロッコリーの先祖を探ると、キャベツに行き着く、キャベツの仲間で、 …

no image

ブロッコリーとカリフラワーの違い

ブロッコリーとカリフラワーはよく形の似た野菜です。 ブロッコリーは緑でカリフラワーは白ですね。 最近は紫や黄色のカリフラワーもあります。 ブロッコリーもカリフラワーもキャベツの仲間で、 花蕾を食べるの …

no image

ブロッコリーの種まき時期|家庭菜園では夏まき秋冬どりがおすすめ

ブロッコリーは、原産地に由来して、非常に涼しい気候を好みます。 そのため、生育適温は15度?20度ほど、耐暑性、耐寒性があります。 私たちの口にする花蕾(からい)の部分の生育適温は、15?18度です。 …