初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの歴史と仲間たち

投稿日:

ブロッコリーは、花蕾(からい)と呼ばれる、つぼみや、花の茎を食べる、
少々変わった野菜です。花菜類に分類される、葉菜類の野菜です。
ブロッコリーの先祖を探ると、キャベツに行き着く、キャベツの仲間で、
キャベツ、メキャベツ、コールラビ、ケール、カリフラワーなどと同種です。
このうち、ケールは紀元前より利用されていたと言われますが、
ブロッコリーの歴史は、意外と浅く、イタリアでは15世紀末頃、
フランスや、イギリス、ドイツなどのヨーロッパの国々では、
17世紀はじめ頃より親しまれるようになりました。
また、これも今のブロッコリーの品種とは少し違うもので、
現在のブロッコリーのような品種が育成されるようになったのは、
19世紀頃だと言われています。
日本でブロッコリーが食べられるようになったのは、明治初期のことで、
戦後より、栽培が広まったと言われています。
ブロッコリーと良く似ているとされるカリフラワーは、同じ、
花蕾(からい)を食べる野菜です。カリフラワーは、
ブロッコリーが、突然変異してできた種類の野菜と言われており、
つぼみの部分が柔らかく、癒着しているのが特徴です。
茎の上にできる、頂花蕾(ちょうからい)を収穫した後はもう育たず、
ブロッコリーのように、側花蕾(そくからい)が出てくることなく、栽培が終わります。
栽培自体は、ブロッコリーと似たように育てられますが、
花蕾を白く育てる必要があるカリフラワーは、外葉で覆うなどの、
カリフラワー独特の作業が必要です。

スポンサーリンク

-ブロッコリーの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

紫のブロッコリーとポリフェノール・アントシアニンの関係

緑色のブロッコリーの中に、 突然、紫色のブロッコリーが 出現することがあります。 れは低温にあたったために変色したもので、 紫色になるのはアントシアニンという色素です。 スポンサーリンク 色が変わって …

no image

ブロッコリーは、側花蕾(わき芽)の収穫も楽しめる

■害虫は、なるべく早期に発見して防除すること ブロッコリーの苗は、本葉5?6枚程度のものが理想です。 葉柄の伸びていない、しっかりとした苗を選んで栽培をはじめてみてください。 育苗をする際は、本葉5? …

no image

ブロッコリーの種まき時期|家庭菜園では夏まき秋冬どりがおすすめ

ブロッコリーは、原産地に由来して、非常に涼しい気候を好みます。 そのため、生育適温は15度?20度ほど、耐暑性、耐寒性があります。 私たちの口にする花蕾(からい)の部分の生育適温は、15?18度です。 …

no image

ベランダでブロッコリーを栽培する

この冬はベランダでブロッコリーを栽培しています。 「ハートランド」という苗を 9月にネットで購入して植えしました。 ハートランドは真ん中のブロッコリー以外にも脇芽からも どんどんブロッコリーができる品 …

no image

ブロッコリーの種まき|夏の育苗は風通しのよい場所で

栄養がある緑黄色野菜の代表がブロッコリーです。濃い緑色の部分や、独特の味というのは非常に癖になるもので、茹でて、マヨネーズを付けるだけでとても美味しいものです。 家庭菜園でもブロッコリーは非常にお勧め …

カテゴリー

最近のコメント