初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

タマネギの育て方

おいしいタマネギの作り方|甘くてシャキシャキの新玉を収穫しよう

投稿日:

veg016-s.jpg

新たまねぎの季節は、夏のはじめ頃に訪れます。
甘くてシャキシャキしているこの頃の新たまねぎは凄く人気ですが、
実は、約10ヶ月間も土の中で育てられていたのです。

大体9月頃に種まきされたたまねぎは、翌年の初夏に収穫を迎えます。
栽培期間が長い作物の1つで、当然、病害虫に侵される可能性も高まります。
その分、手間をかけて収穫出来たたまねぎは、嬉しいものですよ。

トマトや茄子の収穫に成功された方は、是非、今年は、
たまねぎにも挑戦してみてはどうでしょうか?

ベランダで家庭菜園を行なっている場合には、ベビーオニオンや、
ペコロスと呼ばれている小さなたまねぎの品種を育てるのをお勧めします。
ベビーオニオン等の小さな品種は、プランターでも育てることが出来ますよ。

種からはじめる方、苗からはじめる方とさまざまですが、
種からはじめる場合には、9月に種まきを行い、植え付けは11月の中頃です。

この間も、手入れはしなくてはなりませんので、
苗からはじめるという方も少なくありません。ホームセンターなどでは、
10月頃になると、たまねぎの苗を販売しだします。

■種からたまねぎを育てる場合

スポンサーリンク

まずは、苗床づくりです。
大体1平米くらいの場所を用意し、ぼかし肥料を表面に振り、
簡単に耕しておきます。

その後、2センチくらいの間隔をあけながら種まきを行います。
土を軽く乗せ、手で押さえて鎮圧し、水やりを行います。
適度な水やりを続けながら、11月にかけて育てていきます。

■苗が出来た後・苗から育てはじめる場合

苗が適度な太さになりましたら、畑に定植します。
苗を1本1本分けていき、棒で穴を作り、白い部分が隠れる程度の深さで
1つ1つ植えていきます。この際の間隔は、15センチほどが理想です。

その他の野菜の植え方と比べると、間隔が狭いように感じますが、
たまねぎは、密植した方が良いとされているので、間隔を狭く、
植えて行きましょう。

苗が本来より細いものであっても、間隔をより狭くすれば、
株と株が助けあい、根っこをより深く伸ばすことが出来ますので、
特に心配することはありません。

■プランターで小たまねぎを育てる場合

幅60センチくらいのプランターに培養土、ぼかし肥料を追加し、
軽く混ぜます。土の表面に、3本ほど筋状のくぼみをつくり、
その中に種を播いていきます。指でつくると、良いでしょう。

種を撒いた後は、土をかぶせて軽く押さえてから水をあげてください。
畑で育てる場合も、プランターで育てる場合も、植え付けの時に、
ぼかし肥料を追加しておけば、追肥の必要はありません。

スポンサーリンク

-タマネギの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

たまねぎの健康効果|血液サラサラおいしい野菜

家庭菜園でも手軽に作れるたまねぎは炒め物やカレーなどの煮込み物、サラダまで広く料理に利用され、食卓には欠かせない野菜です。 しかしたまねぎの歴史は浅く、日本では明治以降に浸透してきました。 たまねぎの …

no image

タマネギの肥料の与える時期とタイミング

タマネギの種まきの適期は、9月頃となります。 11月頃になると、草丈25センチほど、太さが5ミリほどの苗となりますので、 その頃が植え付け時となります。 葉っぱの色がまだ淡く、生育が遅れているように感 …

no image

タマネギの種まき時期と苗作り

タマネギの苗は、晩秋頃にホームセンターや、園芸店などで入手出来ます。 そのため、家庭菜園ではこの時期に植えつけることが多いと思います。 タマネギは、赤たまねぎの他に、黄色、白などのさまざまな種類があり …

no image

タマネギの苗の植え付け|生育適温は20度?25度

タマネギは、土の中で、ゆっくりと生長する野菜です。 秋には、種まきを行い、苗を育て、それを、晩秋頃に植え付けます。 苗は、細長く、葉ネギに似たものに見えますが、越冬すると、 徐々に気温の上昇から、葉鞘 …

タマネギ 家庭菜園

タマネギの食べる部分は何?|根菜類ではなく葉菜類です

タマネギは、良く根菜類と間違えられますが、葉菜類です。 地中で大きく育つタマネギではありますが、食べる部分は、 根ではなく、葉鞘(ようしょう)と呼ばれる葉の部分にあるためです。 (鱗茎とも呼ばれること …