おいしいタマネギの作り方|甘くてシャキシャキの新玉を収穫しよう

veg016-s.jpg

新たまねぎの季節は、夏のはじめ頃に訪れます。
甘くてシャキシャキしているこの頃の新たまねぎは凄く人気ですが、
実は、約10ヶ月間も土の中で育てられていたのです。

大体9月頃に種まきされたたまねぎは、翌年の初夏に収穫を迎えます。
栽培期間が長い作物の1つで、当然、病害虫に侵される可能性も高まります。
その分、手間をかけて収穫出来たたまねぎは、嬉しいものですよ。

トマトや茄子の収穫に成功された方は、是非、今年は、
たまねぎにも挑戦してみてはどうでしょうか?

ベランダで家庭菜園を行なっている場合には、ベビーオニオンや、
ペコロスと呼ばれている小さなたまねぎの品種を育てるのをお勧めします。
ベビーオニオン等の小さな品種は、プランターでも育てることが出来ますよ。

種からはじめる方、苗からはじめる方とさまざまですが、
種からはじめる場合には、9月に種まきを行い、植え付けは11月の中頃です。

この間も、手入れはしなくてはなりませんので、
苗からはじめるという方も少なくありません。ホームセンターなどでは、
10月頃になると、たまねぎの苗を販売しだします。

■種からたまねぎを育てる場合

まずは、苗床づくりです。
大体1平米くらいの場所を用意し、ぼかし肥料を表面に振り、
簡単に耕しておきます。

スポンサーリンク

その後、2センチくらいの間隔をあけながら種まきを行います。
土を軽く乗せ、手で押さえて鎮圧し、水やりを行います。
適度な水やりを続けながら、11月にかけて育てていきます。

■苗が出来た後・苗から育てはじめる場合

苗が適度な太さになりましたら、畑に定植します。
苗を1本1本分けていき、棒で穴を作り、白い部分が隠れる程度の深さで
1つ1つ植えていきます。この際の間隔は、15センチほどが理想です。

その他の野菜の植え方と比べると、間隔が狭いように感じますが、
たまねぎは、密植した方が良いとされているので、間隔を狭く、
植えて行きましょう。

苗が本来より細いものであっても、間隔をより狭くすれば、
株と株が助けあい、根っこをより深く伸ばすことが出来ますので、
特に心配することはありません。

■プランターで小たまねぎを育てる場合

幅60センチくらいのプランターに培養土、ぼかし肥料を追加し、
軽く混ぜます。土の表面に、3本ほど筋状のくぼみをつくり、
その中に種を播いていきます。指でつくると、良いでしょう。

種を撒いた後は、土をかぶせて軽く押さえてから水をあげてください。
畑で育てる場合も、プランターで育てる場合も、植え付けの時に、
ぼかし肥料を追加しておけば、追肥の必要はありません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
タマネギの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました