初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

タマネギの育て方

タマネギの食べる部分は何?|根菜類ではなく葉菜類です

投稿日:

タマネギは、良く根菜類と間違えられますが、葉菜類です。
地中で大きく育つタマネギではありますが、食べる部分は、
根ではなく、葉鞘(ようしょう)と呼ばれる葉の部分にあるためです。
(鱗茎とも呼ばれることがあります。)
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
同じ仲間のネギの葉鞘は、白い部分のことです。
タマネギはネギとは違い、その葉鞘が良く太って育った野菜、
ネギは、葉鞘が縦に生長した野菜だと言えます。
タマネギ 家庭菜園
 
葉鞘は、葉の部分が輪っかのように、何重にも重なっていて、
生長するにつれて、どんどん葉の厚みが増して、丸みを帯びてきます。
 
 
ラッキョウや、ニンニクなども、同じ結球する野菜として知られます。
タマネギを横に切ると、輪のようにいくつも重なりが見られますが、
それぞれが葉の1つとなっているのです。
 
 
今度は、タマネギを縦に切ってみましょう。
外側の薄い皮は、保護葉と呼ばれる外皮に当たるもので、
その内側に、肥厚葉があります。
 
 
丸みを帯びた玉の上には、葉身が伸びて、この部分で、
光合成を行っています。
 
 
その内側にあるのが、貯蔵葉です。
葉身はなく、養分を蓄える役目のある葉です。
 
 
更に内側は、萌芽葉と呼ばれる葉で、こちらも同じく、
葉身がなく、花茎の伸びる場所です。
 
 
タマネギの根は、タマネギの球形の部分の下に付いたひげのようなものです。
また、下面にある、硬くなっている部分が茎になります。
複雑な作りをしているタマネギではありますが、
家庭菜園で育てる時は、このように、いろいろ調べて見るのも面白いと思いますよ。

スポンサーリンク

-タマネギの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

たまねぎの栽培に適した時期|タマネギを上手に手入れするには?

9月頃に植えつけたたまねぎは、光合成を冬の間に行い、根っこに養分をたくさん貯蔵します。翌年春頃になると、冬に蓄えられた養分と、その時に光合成した養分を使っていきます。 鱗茎と呼ばれる部分に養分を流し込 …

no image

タマネギの肥料と堆肥|多めのリン酸を入れて育てる

食卓にも利用しやすいタマネギ。保存性に優れているので、 家庭菜園には向いている野菜だと言えます。 今日はそんなタマネギの栽培のポイントについて紹介します。 ◆元肥には、堆肥と、多めのリン酸を入れて育て …

no image

タマネギの栽培管理|冬は除草作業、春は病害虫対策

◆冬は除草作業、春は病害虫対策 冬は、雑草の生育が盛んな時期ではありませんが、 春先になると、急に大きくなりますので、冬場のうちに、 早め早めで雑草対策を行います。 植え付け直後は低温期に入るため、病 …

no image

タマネギの苗の植え付け|生育適温は20度?25度

タマネギは、土の中で、ゆっくりと生長する野菜です。 秋には、種まきを行い、苗を育て、それを、晩秋頃に植え付けます。 苗は、細長く、葉ネギに似たものに見えますが、越冬すると、 徐々に気温の上昇から、葉鞘 …

no image

たまねぎの健康効果|血液サラサラおいしい野菜

家庭菜園でも手軽に作れるたまねぎは炒め物やカレーなどの煮込み物、サラダまで広く料理に利用され、食卓には欠かせない野菜です。 しかしたまねぎの歴史は浅く、日本では明治以降に浸透してきました。 たまねぎの …

カテゴリー

最近のコメント