初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

レタスの育て方

レタスの栽培ポイントまとめ1|初心者は育苗栽培か購入苗からがおすすめ

投稿日:

家庭菜園は、育てる楽しみ、収穫する楽しみはもちろんですが、
食べることにも楽しみがあると思います。だからこそ、おすすめしたいのが、
レタスです。食卓にも並べやすいですし、新鮮なレタスはとても美味しいです。
今日はそんなレタスの栽培ポイントを紹介します。
■直播栽培?育苗栽培?レタスの育て方について
玉レタスは、直播栽培も可能ですが、幼苗の保護や、生育のバランスを整えるために、
育苗栽培をおすすめしています。
育苗は、9センチ程度のポリポッドに4?5粒程度、種まきをし、
発芽後、間引きして1本立ちとします。
植え付けは、大体本葉が4枚?5枚程度になった頃に行います。
リーフレタスは、直播栽培もおすすめです。
幼苗のうちから、早どりすることもできます。
玉レタスも、リーフレタスも苗が販売されていますので、そちらを利用して、
育て始めるのも良いでしょう。
■発芽適温を調べておくこと
レタスの種は、10度以下の低温下、25度以上の高温下では、
発芽しにくいという性質を持っています。
そのため、種をまく3日前に一晩水につけておきます。
一晩水に浸した種を取り出し、良く水を切った後は、2日間冷蔵庫にて入れておきます。
こうした種をまくことによって、気温の高い時でも発芽しやすい環境を作ることができます。
種まき後は、種が見えなくなる程度に浅めに土を被せます。
これがなかなか難しいので、細かい用土や、粗いパーライトを、
ふるいにかけて、覆土する方法がおすすめです。

スポンサーリンク

-レタスの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

秋冬に収穫する玉レタスの種まき・育苗|適期に種をまくのがコツ

玉レタスは、スーパーでも良く見掛ける野菜ではありますが、歯切れの良いレタスは、家庭菜園ならではの味となりますので、秋の菜園にとてもお勧めですので、是非、栽培してみてください。 玉レタスの種まきは、8月 …

no image

夏のレタスは苦くなる?|おいしいリーフレタスの育て方

リーフレタスは、家庭菜園をはなやかな雰囲気にしてくれます。 種をいくつかミックスして播けば 品種の色や特徴を活かして家庭菜園をデザインすることもできます。 スポンサーリンク レタスの生育温度は15?2 …

no image

玉レタスの種まき時期と苗作り|発芽適温は18℃~23℃

スーパーなどでも、レタスのさまざまな種類を見かけるようになりましたが、 やっぱり、私たちの生活に馴染みのあるレタスは、結球レタスと呼ばれる、 球レタスですよね。 結球レタスは、スーパーのレタスでは味わ …

no image

レタスの歴史と起源|レタスの祖先は地中海沿岸あたりに自生しています

サラダには欠かせない、レタスの祖先は、中近東のあたりや、 地中海沿岸あたりに自生しています。 レタスの栽培は、非常に古くから行われているもので、 古いものでは、紀元前4500年のエジプトの壁画にレタス …

no image

レタス栽培のポイント|水やり、間引きと害虫に注意

家庭菜園でのレタス栽培のポイントを紹介します。レタスは育てるのが簡単な野菜で基本的に注意するポイントは水やりと間引き、害虫です。またレタスは間引きしたあと間引き菜、スプラウト野菜として楽しめます。スーパーではなかなか売っていないものなので家庭菜園の醍醐味の一つです

カテゴリー

最近のコメント