初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

レタスの育て方

玉レタスの種まき時期と苗作り|発芽適温は18℃~23℃

投稿日:

スーパーなどでも、レタスのさまざまな種類を見かけるようになりましたが、
やっぱり、私たちの生活に馴染みのあるレタスは、結球レタスと呼ばれる、
球レタスですよね。
結球レタスは、スーパーのレタスでは味わうことの出来ない、
新鮮な味を楽しむことが出来ますので、是非、家庭菜園でも、
育てて頂きたい野菜の1つです。
そんな玉レタスの生育に必要な温度は、約18度ほどとなり、
5度以下の低い気温では、上手に育てることが出来ません。
そのため、8月頭?中旬頃、温暖地でも9月までには種まきをして、
霜のおりる前の11月には、収穫することが必要です。
発芽適温は、約18?23度となります。
まき時の温度が高すぎると、発芽しにくい場合がありますので、
種まきの前には、種を半日ほど水に浸して吸水させておく必要があります。
その後、蓋の付いたポリ容器などにキッチンペーパーなどを敷き、
種子をその上で保管して、2?3日冷蔵庫で発芽の促進を行います。
種まきは、3号ポリ鉢またはセルトレイを用いて育苗をします。
少し発芽がみられた種子を4?5粒ほどまき、覆土して、芽が伸びるまで、
新聞紙で覆って保管しておきます。
その後、本葉が2枚ほどになったら間引きを行い、
1本立ちにします。
夏の暑い時期で高温になる時は、涼しい場所や、寒冷紗などを使って、
日差しが当たらないように、温度が上昇しないように、調節を行います。
また、この時期の水やりは朝と夕方の1日2回とします。
セルトレイを使う場合は、特に入念に行なってください。
定植は、セルトレイを使用する場合、本葉2?3枚となった頃、
3号ポリ鉢の場合は、4?5枚となった頃が目安です。

スポンサーリンク

-レタスの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

秋冬に収穫する玉レタスの種まき・育苗|適期に種をまくのがコツ

玉レタスは、スーパーでも良く見掛ける野菜ではありますが、歯切れの良いレタスは、家庭菜園ならではの味となりますので、秋の菜園にとてもお勧めですので、是非、栽培してみてください。 玉レタスの種まきは、8月 …

no image

夏のレタスは苦くなる?|おいしいリーフレタスの育て方

リーフレタスは、家庭菜園をはなやかな雰囲気にしてくれます。 種をいくつかミックスして播けば 品種の色や特徴を活かして家庭菜園をデザインすることもできます。 スポンサーリンク レタスの生育温度は15?2 …

no image

レタスの育て方|種から育てるのが簡単な野菜

家庭菜園でのレタスの育て方を紹介します。レタスは家庭菜園で育てられる野菜の中で種から育てるのが簡単な野菜です。

no image

レタス栽培のポイント|水やり、間引きと害虫に注意

家庭菜園でのレタス栽培のポイントを紹介します。レタスは育てるのが簡単な野菜で基本的に注意するポイントは水やりと間引き、害虫です。またレタスは間引きしたあと間引き菜、スプラウト野菜として楽しめます。スーパーではなかなか売っていないものなので家庭菜園の醍醐味の一つです

レタス 苗

レタスの発芽適温と生育適温|温度が高いと花芽を分化する

レタスは、北海道や、長野県の高原で栽培が盛んであるように、 冷涼な気候を好む野菜です。レタスの発芽適温は、15-20度。 これ以上の気温では、発芽しにくく、芽が出ないこともあります。 発芽後の生育適温 …

カテゴリー

最近のコメント