ラディッシュの育て方|短期間で収穫できる初心者おすすめ野菜

二十日大根(ハツカダイコン)とも言われているラディッシュは、
その名前の通り、短期間で収穫できる野菜です。

ラディッシュは、果肉部分も5センチ程度までしか育ちませんので、
小さなスペースでも、プランターで育てることが出来ます。

赤く彩りの良い野菜で、初心者でも簡単に育てることが出来るので、
お子様と一緒に育てている方も多いようです。

そんなラディッシュの種まきは、真夏(7月?8月)真冬(1月2月)以外で
あれば、いつでも行うことが出来ます。温暖な地域であれば、
12月頃でも十分に育てることが出来ます。

二十日大根の由来は、20日で収穫出来ることから。
その通り、初夏であれば20日?30日ほどで収穫が出来ます。
冬の時期に入ると、大体2?3ヶ月で収穫出来るとされています。

スポンサーリンク

培養土を使えば、そのままプランター栽培を始めることが出来ますが、
自身で土をブレンドする場合は、完熟堆肥、小粒赤玉土、黒土を
7割・2割・1割といった感じでブレンドしていきます。

元肥には、油粕やボカシ肥(有機質)をあらかじめ
混ぜておくと良いでしょう。

地植えでの家庭菜園でラディッシュを栽培する場合には、
完熟堆肥や、燻炭をすきこんでいき、水はけ・水持ちの良い土に
土壌改良していくのがポイントです。プランター栽培同様、元肥も入れます。

種まきの方法はすじまきです。溝を直線上につくり、種まきをします。
プランターで育てる場合は、横に2本、指を1センチほど入れて
線を描いていきます。

そこに種をまき、土を被せたら種まきが完了です。
種まき後は、たっぷりを水が行き渡るように水やりを行いましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
キッチン菜園 ダイコンの育て方 ベランダ菜園
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました