ラディッシュの栽培のポイント|水やりは回数を減らして一度にたっぷりと

ラディッシュの種まきは「すじまき」いった方法で行いますが、
その後は、どのようにお手入れをしていけば良いのでしょうか?

種まき後、発芽までは水やりを良く行うようにします。
常に土が湿っている状態を保てるように、こまめに水を与えるのが、
上手に育てるポイントとなります。

発芽した後は、水やりの回数を減らし、土が乾燥したのを見計らい、
水をたっぷりと上げるのがポイントです。

収穫までの期間が短いラディッシュは、その他の野菜と比べても、
お手入れに手間がかかりませんが、間引きは必要なお手入れです。

間引きは、隣あった葉と葉が重なってしまわないように株間を、
適度に調整するものです。ラディッシュの場合、1度目の間引きは、
本葉が出揃った時に行います。

スポンサーリンク

良い状態の株を残し、適度な感覚になるように引きぬいていきます。
その後また、間隔が狭くなってきますので間引きを繰り返し行い、
最終的には株間が5センチほどになるように調整を行います。

ラディッシュは、ヨトウムシやハモグリバエ、アオムシ、アブラムシなどの
害虫に注意しなければいけません。無農薬で育てたいという場合は、
水やりと一緒に、葉っぱなどのチェックを欠かさず行いましょう。

害虫は見つけたらすぐに捕殺するのが、被害を広げないためにも、
重要です。しかし、なかなか見つけにくい場合もあるものです。

寒冷紗と呼ばれている布は、チョウやガの侵入を防ぐとして、
家庭菜園に用いられている道具です。
トンネル状にそれをかけてあげれば、卵を産み付けられません。

プランターの場合は良いですが、地植えの場合には地面よりも、
20センチほど高い位置に支柱や針金をトンネルのように立てて、
寒冷紗を被せてあげます。

土と寒冷紗の隙間がなければないほど、防虫効果がありますので、
上手に隙間をつくらないよう、調節を行なってください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
ダイコンの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました