初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方

ラディッシュの栽培のポイント|水やりは回数を減らして一度にたっぷりと

投稿日:

ラディッシュの種まきは「すじまき」いった方法で行いますが、
その後は、どのようにお手入れをしていけば良いのでしょうか?

種まき後、発芽までは水やりを良く行うようにします。
常に土が湿っている状態を保てるように、こまめに水を与えるのが、
上手に育てるポイントとなります。

発芽した後は、水やりの回数を減らし、土が乾燥したのを見計らい、
水をたっぷりと上げるのがポイントです。

収穫までの期間が短いラディッシュは、その他の野菜と比べても、
お手入れに手間がかかりませんが、間引きは必要なお手入れです。

間引きは、隣あった葉と葉が重なってしまわないように株間を、
適度に調整するものです。ラディッシュの場合、1度目の間引きは、
本葉が出揃った時に行います。

良い状態の株を残し、適度な感覚になるように引きぬいていきます。
その後また、間隔が狭くなってきますので間引きを繰り返し行い、
最終的には株間が5センチほどになるように調整を行います。

スポンサーリンク

ラディッシュは、ヨトウムシやハモグリバエ、アオムシ、アブラムシなどの
害虫に注意しなければいけません。無農薬で育てたいという場合は、
水やりと一緒に、葉っぱなどのチェックを欠かさず行いましょう。

害虫は見つけたらすぐに捕殺するのが、被害を広げないためにも、
重要です。しかし、なかなか見つけにくい場合もあるものです。

寒冷紗と呼ばれている布は、チョウやガの侵入を防ぐとして、
家庭菜園に用いられている道具です。
トンネル状にそれをかけてあげれば、卵を産み付けられません。

プランターの場合は良いですが、地植えの場合には地面よりも、
20センチほど高い位置に支柱や針金をトンネルのように立てて、
寒冷紗を被せてあげます。

土と寒冷紗の隙間がなければないほど、防虫効果がありますので、
上手に隙間をつくらないよう、調節を行なってください。

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

大根の収穫|おいしいダイコンの育て方

秋にまくダイコンは、品種にもよりますがまだまだ暑い8月よりも、9月に入ってから種をまいたほうが育てやすいです これは虫も少なくなるし、雨も多くなるので水の管理もやりやすくなるからです 収穫は種まきから …

no image

ダイコンの栽培のポイント|根が良く伸びるように、土を耕す

さまざまな調理法のあるダイコンは、家庭菜園でも人気の野菜です。 良く使用する野菜だからこそ、自宅で育てて家計の助けにしましょう。 今日は、そんなダイコンの栽培ポイントを紹介します。 ■ダイコンは直根性 …

家庭菜園 ダイコン

大根の肥料の与え方|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの肥料はうねの中央に溝を掘り 有機肥料を埋めておきます スポンサーリンク

no image

ダイコンの収穫のタイミング|種まき後、2ヶ月ほどで収穫することができます

ダイコンの種まきは、春まきの場合は4月中旬頃に、 秋まきの場合は9月頃に行います。 どちらの場合も、畝に種まきを行った後は、不織布を使用し、 ベタ掛け資材を掛けて育てていきます。 これは、鳥害や、害虫 …

no image

ダイコンの間引きと病害虫防除|キスジノミハムシにも注意

■間引きの注意点 種まき後1週間ほどしたら、発芽が揃います。 この時期に1回目の間引きを行います。子葉の不整形のものなどを抜き、 良いものを、3本ほど残します。 2回目の間引きは、本葉が2枚?3枚程度 …

カテゴリー

最近のコメント