初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方

ダイコンの種まきと畑の土作り|小さな石ころなどの障害物を取り除く

投稿日:

ダイコンは元々強い植物でもありますので、やせ地などでも、
充分に育てることができる野菜の1つです。

土壌への適応性が広いのは魅力でもありますが、根の肥大が、
非常に著しいので土壌の準備や、肥料については、充分に気をつけ、
行なって行きたいところです。

大体、種をまく2週間ほど前には畑の準備をしておきます。
全面にまずは石灰をまき、約30センチほどの深さまで充分に
耕しておきましょう。

また、この時行うもう1つの作業として余分な物を取り除く作業があります。
これは、小さな石ころや前作の残りなどの障害物を綺麗に
取り除いてあげる作業となります。

前作に堆肥を使っている場合は、特に堆肥は不要となります。
元肥に堆肥を施したことで根に障害が出てしまうこともあるためです。

やせ地などどうしても堆肥を使わなければならない時は、
種まきをした後の株間に完熟堆肥・油粕を混ぜたものをおいていき、
一緒に土を被せてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

種まきは、まき溝を作ってその中央のあたりに4?5粒をまくのが理想です。
1箇所にこれ以上の種をまいてしまうと、くっついてしまうことがあり、
根っこが傷んでしまう可能性もあるためです。

なので、4?5粒ずつまくというのを頭に入れておいてください。
種子1つ1つもダイコンの場合は大きいですので、さほど大変な作業では
ないかと思います。

発芽が確認出来た後は、間引きの作業です。
1回目の間引きは、本葉が1枚開いた頃に行なっていきます。
目安は1箇所につき、3株となります。

この時、なるべく健康な株を残していくのが重要となりますので、
形・大きさ・不揃いでないかなどを良く確認しておきましょう。

ふたばの形がいびつなものや、異常に大きくなってしまっているもの、
バラバラに生えているものなどは、根に障害がある可能性もあります。

育つ過程で間引きはしっかりと行なっていきますが、
その時の目安は、本葉が6、7枚となった時に1本立ちにすることです。

間引きの際は、土寄せと追肥も行なっていきダイコンの生長が
しっかりと出来るよう、支えてあげて下さい。

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ダイコンの葉は栄養たっぷり

ダイコンの葉は栄養を豊富に含んでいますビタミンC、βカロテン、カルシウム、食物繊維が豊富なのでダイコンを収穫した時に葉を捨ててしまってはもったいないです 家庭菜園でダイコンを収穫したら、葉と根を切り離 …

no image

ダイコンの原産地と日本での歴史

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、 さまざまなところに分布します。 日本に渡来したのは、縄文時代?弥生時代の頃と言われており、 このダイコンは、中国より渡来したものです …

no image

大根の間引き・土寄せ|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの葉が5?6センチに伸びたら1回目の間引きをしますまず1本を間引きして残った大根に土を寄せて安定させます 間引くダイコンの選び方は 虫食いのあるもの葉に変色のあるものひょろっと伸びているもの葉 …

no image

大根の収穫|おいしいダイコンの育て方

秋にまくダイコンは、品種にもよりますがまだまだ暑い8月よりも、9月に入ってから種をまいたほうが育てやすいです これは虫も少なくなるし、雨も多くなるので水の管理もやりやすくなるからです 収穫は種まきから …

no image

ダイコンの栽培ポイント|スプラウトとしてかいわれ大根もおもしろい

ダイコンの発芽は早く、3日?1週間もすれば双葉が見られます。その土地の気候や、季節などにもよりますが生長を早く目に出来るのは家庭菜園をやっている方にとって「喜び」でもありますよね。 こうして出来た双葉 …

カテゴリー

最近のコメント