初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

スイカの育て方

スイカの連作障害対策|接木苗を利用して元肥のやりすぎには注意

投稿日:

ウリ科に属するスイカは、連作障害の起こりやすい作物と言えます。
スイカの連作障害の症状としては、主につる割病がありますので、
輪作を取り入れ、約5年ほどは畑を開けるべきだと言えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
また、スイカの苗は、接木苗として販売されていることも多いので、
十分な間隔を開けられなかった場合や、前作が分からない場合などは、
ユウガオを使用した接木苗を利用すると良いでしょう。
 
スイカ 接木苗
 
ユウガオは、着果や果実の品質の安定性を高める目的、
低温に強くする目的で、スイカの台木として良く用いられています。
また、スイカの台木としてはカボチャも良く見掛けます。
カボチャを台木にした場合は、ユウガオよりも更に低温に強くなるものの、
生長の勢いが高まるので、管理が難しく、品質の低下にも繋がることがあります。
 
 
そのため、接木苗としてはユウガオを台木としたものを選ぶのが理想です。
また、病害虫に強いスイカに接木したスイカの苗も販売されています。
 
 
スイカは、アフリカの砂漠やサバンナを原産とするので、
非常に高温を好む作物です。また、砂漠気候で育ったスイカは、
乾燥した気候を好みます。
 
家庭菜園 スイカ
 
畑には、有機質肥料をたくさん入れて育てますが、元肥を入れすぎると、
蔓ボケやつる割病を起こしやすくなってしまうため、追肥で補うというのが一般的です。
 
 
また、高い畝を立てて水はけを良くすることで、湿度を下げることができます。
乾燥を好む野菜であるので、日本ではこういった対策も重要です。
更に、生育適温は28度-30度と高いので、気温が足りない時は、
黒色や透明マルチを使用して、地温を高めてから植え付けると良いでしょう。

スポンサーリンク

-スイカの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのスイカの交配の仕方|スイカ栽培のコツ

6月頃はスイカも梅雨にやられ、病気にかかりやすい時期です。そのため、地植えの場合であれば両端の裾があいているトンネル状のものをビニールで作っておきます。 プランター栽培の場合は、太めの針金などを上手に …

no image

スイカの栽培温度と土壌酸度|地温は高めで酸度はpH5.0?5.5

スイカは、高温好みであるため、比較的日本でも育てやすいですが、 湿度の高い日本では、水はけに注意して、乾燥気味に育てるのがポイントです。 夏には毎日でも食べたいスイカですので、是非、作ってみてください …

no image

スイカの収穫時期の目安|受粉時期を確認しておく

■高温多湿の日本でのスイカ栽培は、病害虫に注意する 高温を好むスイカですが、スイカは多湿を嫌います。 また、高温多湿の日本の気候は、病害虫も好む気候となりますので、 病害虫に対する予防は、必ず行なって …

no image

スイカの栄養価|カリウムとシトルリンに注目

スイカは漢字で「西瓜」と書きます。 これは、中国に伝来した時に「西から来た瓜」とされたためだと言われます。 また、スイカは日本で「水瓜」と表記することもあります。 この理由は、スイカの約90パーセント …

no image

家庭菜園でのスイカの病気予防|つる割病は接ぎ木苗で対策

家庭菜園でも育てることの出来る夏の風物詩、スイカですがスイカを栽培する上で注意しなくてはいけない点があります。 その1つが病気です。特につる割病はスイカ栽培をする中で厄介な問題となる1つの原因です。 …

カテゴリー

最近のコメント