初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の連作障害対策

家庭菜園での輪作の方法と輪作の例

投稿日:

輪作というのは、同じ科ではない違う野菜を育てる方法です。
例えば、トマト⇒トマトを育てる場合は、連作となり、輪作ではありません。

トマトはナス科となるので、トマトの次にピーマン、ナスを育てるのも、
輪作ではありません。このように、同じ科ではないもの、同じ野菜ではないものを
育てることを輪作といいます。

輪作とする場合の畑の使用法は、さまざまです。
それぞれの家庭菜園のスペースによっても異なりますし、
栽培する野菜の種類、栽培する株数・収穫量によっても違いがあります。

例えば、連作障害の起きやすいトマトを例にして考えてみます。
トマトは、4?5年は同じ場所では育てられないとされているので、
大体、畑を4分割にしてそれぞれを、A.B.C.Dの畑とします。

スポンサーリンク

1年目は、Aの畑でトマトを育てます。
2年目は、Aの畑で育てると連作となるため、Bの畑で育てます。
3年目は、Cの畑、4年目はDの畑…とすると、5年目にAの畑に戻ることとなり、
また、同じ場所で管理を行うことができます。

他の作物でも同じことが言えますので、畑はいくつかに分割して考え、
トマトやキュウリなど、使用頻度の高い野菜は、毎年育てることができるよう、
スペースを考えてみてください。

尚、だいたい5年分くらいを目安に、計画を考えてメモすると良いです。
1年目、2年目?という年数の区切り、Aの畑、Bの畑といった、
畑の区切りの両方から考えて、それをメモっていくと、スムーズに管理ができるようになります。

スポンサーリンク

-家庭菜園の連作障害対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キャベツ 連作障害

連作障害の出にくい野菜、出やすい野菜

野菜には、連作障害の起こりやすいものと、起こりにくいものがあります。 連作障害が起こりやすいのは、主にナス科のトマトや、ナス、ピーマンなど、 ウリ科のキュウリやスイカ、アブラナ科のキャベツ、ハクサイな …

no image

連作障害対策が必要な野菜|とくにナス科、アブラナ科がなりやすい

連作障害は、同じ品種や同じ種類の作物を同じ場所で育てると、生長が悪くなったり、病気になりやすくなるなどさまざまな被害の事をさします。 これは、土壌中の微生物のバランスが崩れることなのが悪いとされ、原因 …

no image

家庭菜園の輪作年限|同じ野菜を栽培するにはどれくらい期間をあければいいのか?

連作障害の出やすい野菜は、あけるべき期間が長くなります。例えば、トマトやナス、ピーマスなどのナス科の野菜に関して言えば、5年以上、同じ土地で栽培しないほうが良いとされています。 連作障害が出るものの、 …

ピーマン 苗

連作障害に強い接木苗を定植する|せまい家庭菜園でも連作障害対策

スイカ・キュウリ・トマト・ナスなどは、土壌病、害虫などに弱く、 連作障害が起こりやすいとされている作物です。 スポンサーリンク そのため、1度その場所で栽培したのであれば3年-4年ほどは、 その場所に …

家庭菜園 スイカ

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、 成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、 収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。 スポンサーリンク これは、連作障害と呼ばれ …