初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の連作障害対策

家庭菜園の輪作年限|同じ野菜を栽培するにはどれくらい期間をあければいいのか?

投稿日:

連作障害の出やすい野菜は、あけるべき期間が長くなります。
例えば、トマトやナス、ピーマスなどのナス科の野菜に関して言えば、
5年以上、同じ土地で栽培しないほうが良いとされています。

連作障害が出るものの、それほど出やすくはない、ネギやレタス、
ほうれん草などに関しては、1年間は同じ土地で栽培しないほうが良いとされます。

この目安のことを輪作年限といいますが、同じ科の野菜であっても、
輪作年限が異なる場合もあるため、充分に注意して管理する必要があります。

例えば、ウリ科の野菜を例にとって説明すると、
カボチャは、連作障害が極めて少ないと言われる野菜であるものの、
キュウリや、スイカに関しては連作障害が出やすいとされています。

スポンサーリンク

同じウリ科の野菜ではありますが、キュウリの場合には2年間、
スイカの場合は、5年以上の期間を開けなければ、同じ土地で栽培ができません。

輪作年限の目安は、連作障害が少ないもの、1年はあけるべきもの、
2年はあけるべきもの、3年はあけるべきもの、5年以上あけるべきもの
に大きく区分されます。

さまざまな野菜の輪作年限を知った上で、家庭菜園の土地を分割化し、
組み合わせて行くと良いかと思います。

特に、家庭に並べやすいレタスや、トマトなどの野菜、
輪作年限の長い、ナスやピーマンなどの野菜など、毎年作りたいもの、
作るのに制限のかかるものより、畑を埋めていくと、管理がしやすいです。

また、これからの計画は先に5年分ほどを準備しておき、
それをメモとして残し、それに沿った栽培をしてみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園の連作障害対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での連作障害の回避方法

家庭菜園をやる上で、覚えておかなくてはいけないのが連作障害です。これは、同じ場所に同じ科に属している近い野菜を続けて、育てることを意味する言葉です。 この連作というのは、異なる野菜や作物を一緒に育てる …

no image

アブラナ科野菜(コマツナ、キャベツなど)の根こぶの原因|輪作栽培が1番の連作障害の予防

コマツナやキャベツの根の部分にコブのようなものが出来てしまった場合は、 連作障害による「根こぶ病」を疑ってください。 水やり・肥料・天候の観点が原因になることもありますが、 コブが出来ているという現象 …

no image

家庭菜園での輪作の方法と輪作の例

輪作というのは、同じ科ではない違う野菜を育てる方法です。例えば、トマト⇒トマトを育てる場合は、連作となり、輪作ではありません。 トマトはナス科となるので、トマトの次にピーマン、ナスを育てるのも、輪作で …

no image

家庭菜園で連作障害を防ぐ方法|輪作のメリットとコンパニオンプランツ

野菜を育てる上で、1番注意したいのは連作障害です。基本的な連作障害の対処は、連作とならないように輪作して育てる、予防法となりますので、連作障害が起きないよう、畑の使い方に注意してください。 ■輪作のメ …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント