初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

農薬の種類|家庭菜園の農薬の使い方

投稿日:

野菜作りに用いられる殺虫剤は、接触剤と浸透剤に分けられます。
この2つの殺虫剤には、大きな効果の違いがありますので、
用途に応じて、使用するようにしてください。
■接触剤と浸透剤の違い
接触剤は、害虫に対して散布することで駆除することができるものです。
また、葉などに散布しておくことで、虫がそれに触れて駆除することもできます。
浸透剤は、野菜が喰われた部分に対して散布することにより、
薬剤の効果を野菜の中に浸透させることができるものです。
このことにより、野菜を食べた際にのみ、その害虫に効果をもたらし、
駆除することができるというしくみです。
これらの殺虫剤は、1度散布するだけで、効果が持続して得れるので、
収穫の前に散布するのは危険です。薬剤の使用方法はそれぞれ異なるので
収穫の何日前までに散布するなど、説明を読んで正しく使用してください。
■殺菌剤、展着剤、除草剤について
殺菌剤は、病気を防除するために使用される薬剤です。
細菌、菌類、糸状菌、カビなどに効果があります。
展着剤は、薬剤をしっかりと付着させるために使用される薬剤です。
特に降雨の心配のある季節などに使われることが多く、
均等に薬剤の効果を得るために用いられます。
除草剤は、雑草を生えさせないために使用される薬剤です。
効果は高く、持続期間が長いので、1度散布しておくと安心です。
このように、農薬といってもさまざまな種類があり、
その種類に応じて、効果・用途は異なるものですから、
その場面にあったものを、正しく使うようにしましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …

no image

農薬の使用回数|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布は、ボトルや瓶などに書かれている回数に乗っ取って行います。 農薬取締法によって、厳重に散布回数は管理されていますので、 使用回数の指示は絶対に守るようにし、安全に使用するようにしてください。 …

no image

農薬の予防剤と治療剤の使い分け|家庭菜園の農薬の使い方

農薬の使用には、初期段階に使用すること、予防的に使用することが大切です。 既に病気が蔓延してしまっている場合や、たくさんの害虫に寄生されている時の 効果は薄く、農薬でも効果を得ることができないことがあ …

no image

野菜の虫除けを化学農薬以外で対策|家庭菜園の害虫防除

木酢液などの天然物質と同じ成分を使ったものでも、病害虫から野菜を守る効果を得ることができます。 ただし、一般的な薬剤とは異なるものですから、その効果は緩やかです。劇的な効果は期待できませんので、生育初 …

no image

家庭菜園での農薬の上手な使い方|適した場所に適量を散布

病害虫の発生を予防するのは、栽培した野菜をたくさん収穫するため、美味しい野菜を収穫するために、絶対に必要な事柄です。ここでは、いくつかのポイントを紹介したいと思います。 ■病害虫の発生を防除するために …

カテゴリー

最近のコメント