初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

農薬の使用回数|家庭菜園での農薬の使い方

投稿日:

薬剤の散布は、ボトルや瓶などに書かれている回数に乗っ取って行います。
農薬取締法によって、厳重に散布回数は管理されていますので、
使用回数の指示は絶対に守るようにし、安全に使用するようにしてください。
また、ここで自己判断で散布量や、散布回数を増やしても良い事はありません。
一生の時間の短い、アブラムシやコナガ、ハダニなどの場合、
薬剤の与え過ぎは、薬剤の効果が薄くなることもあります。
例えば、とある殺虫剤をアブラムシの駆除目的で使用するとします。
この時の殺虫剤の効果は高く、ほとんどのアブラムシを駆除できますが、
中には、駆除出来ずに生き残るものも居ます。
そこで駆除されたなかったアブラムシは、当然、通常通り卵を産みます。
また、アブラムシの駆除目的で殺虫剤を散布することになりますが、
前回に使った時より、その効果を得ることが出来なくなってしまうのです。
これは、アブラムシに殺虫剤に対する抵抗力がついたためです。
私たち人間も、良かれと思って飲み続けた薬が効きにくくなる
といった現象が起こるように、アブラムシにも同じことが起こりうるのです。
このような現象が起こらないようにするためには、
同じ、アブラムシの駆除効果のある違う種類の薬剤を使用するのが望ましいです。
1回目と2回目に使用する殺虫剤を変え、それらを交互に散布すると、
アブラムシの駆除に大きな効果を得ることができます。
駆除することができれば、同時に、薬剤の散布回数や、散布量を
減らすことにも繋がりますので、薬剤は複数を上手に使いこなしたいですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

木酢液の上手な使い方|

木酢液の使い方は非常に簡単です。 最もポピュラーな使われ方は、水で薄め、ジョウロなどを使って土壌に 散布する方法です。また、霧吹きなどを使って葉面に散布するのも良いでしょう。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園での農薬の散布方法|正しくつかっておいしい野菜を収穫

薬剤の散布は、良い収穫を得るために使われるものですが、 正しく使用しなければ、良い収穫を得ることができないだけではなく、 野菜の生長を阻害してしまうことさえあります。 ですから、薬剤それぞれに書かれた …

no image

農薬の残液の処理方法|有効期限にも注意しましょう

薬剤の散布液は、適量を計測して使用することが鉄則です。 また一度、希釈した薬剤というのは保存のきかないものとなりますので、 元に戻したり、保存してまた使用することのないようにします。 そのためにも、余 …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

農薬の種類|家庭菜園の農薬の使い方

野菜作りに用いられる殺虫剤は、接触剤と浸透剤に分けられます。 この2つの殺虫剤には、大きな効果の違いがありますので、 用途に応じて、使用するようにしてください。 ■接触剤と浸透剤の違い 接触剤は、害虫 …

カテゴリー

最近のコメント