初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

農薬の予防剤と治療剤の使い分け|家庭菜園の農薬の使い方

投稿日:

農薬の使用には、初期段階に使用すること、予防的に使用することが大切です。
既に病気が蔓延してしまっている場合や、たくさんの害虫に寄生されている時の
効果は薄く、農薬でも効果を得ることができないことがあるためです。
農薬にもさまざまな種類がありますが、そのうち、殺菌剤とされるものには、
「予防剤」と「治療剤」の2種類があります。
その名前の通り、予防薬は病気が出始めてからでは効果がありません。
既に病気の兆候がみられる場合は、治療薬を使うというのが鉄則です。
しかし、治療薬も病気が蔓延してからでは改善が見えにくいので、
日頃から良く、野菜の観察を行うようにして、病気の早期発見に、
努めてください。
■病気も、害虫も、初期に発見して対処することが大切
私たちの体と同じように、何か病気になった時は早期発見が重要です。
発生した初期に、その虫や病気に対応したお薬を与えることで、
その効果を最大限得ることができます。
この事は、薬剤散布量を減らすことにも繋がりますので、
毎日、1度は家庭菜園の野菜の様子を見て、害虫の被害にあっていないか
病気など、野菜に異常がみられないかを調べてみてください。
また、予防的な効果のため、薬剤散布を定期的に行なっておくと、
それなりの効果を得ることができますので、予防策もしっかりと練ることです。
ただし、収穫直前は野菜に薬剤が残ってしまう可能性がありますので、
散布しないようにしてください。
こうすることで、薬剤の散布量を抑え、美味しい野菜を収穫することが可能となるのです。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

農薬の使用回数|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布は、ボトルや瓶などに書かれている回数に乗っ取って行います。 農薬取締法によって、厳重に散布回数は管理されていますので、 使用回数の指示は絶対に守るようにし、安全に使用するようにしてください。 …

no image

木酢液の効果と選び方|家庭菜園の野菜を病気や害虫から守ってくれる

家庭菜園で作物を育てていると、病気や害虫の被害が気になります。しかし、折角の家庭菜園。無農薬で野菜・果物などを育てたいと言う方も多いのではないでしょうか? そんな時にお勧めなのが木酢液です。木酢液は、 …

no image

農薬の残液の処理方法|有効期限にも注意しましょう

薬剤の散布液は、適量を計測して使用することが鉄則です。 また一度、希釈した薬剤というのは保存のきかないものとなりますので、 元に戻したり、保存してまた使用することのないようにします。 そのためにも、余 …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …