初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

農薬散布時の服装|家庭菜園での農薬の使い方

投稿日:

家庭菜園の作業は、非常に汚れるものとなりますので、
家庭菜園の作業用として、洋服を取り替えている人も多いと思います。
加えて、薬剤の散布時には、薬剤散布用の服装をする事が必要です。
基本的には、お肌に薬剤が触れないことが重要となりますので、
長袖・長ズボンというのは絶対です。
また、その格好でも肌の露出している部分が多くありますので、
帽子やゴーグル、長靴、マスク、手袋などで肌を覆ってください。
尚、薬剤は布に浸透するものですので、厚手のゴム手袋などを使用して、
手に付かないよう、心がけてください。
■薬剤散布時、その他の注意点
作業中は、作業を終えるまで何も口にしないようにしてください。
タバコやアメやガム、お弁当などは全ての作業が終わってからにして、
口から薬剤が入らないように注意します。
また、薬剤が衣服に付いた場合はすぐに着替えることができるよう、
家庭菜園に着替えを持っていくことも忘れないようにしましょう。
先程も軽く説明させていただきましたが、薬剤は布に浸透するものです。
衣類を通して、肌に触れないように注意します。
作業後は、全身を綺麗に洗うようにします。
自分の気付かないところで、農薬に触れてしまっている可能性もあるので
髪の毛、体をしっかりと洗ってください。
また、作業に使った衣類は通常の洗濯物とは別に洗濯を行い、
綺麗に干しておきましょう。
尚、薬剤の散布によって体に異常を感じるケースもあります。
体に異常を感じた場合は、すぐにお医者さんに相談してください。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

農薬の予防剤と治療剤の使い分け|家庭菜園の農薬の使い方

農薬の使用には、初期段階に使用すること、予防的に使用することが大切です。 既に病気が蔓延してしまっている場合や、たくさんの害虫に寄生されている時の 効果は薄く、農薬でも効果を得ることができないことがあ …

no image

木酢液の効果と選び方|家庭菜園の野菜を病気や害虫から守ってくれる

家庭菜園で作物を育てていると、病気や害虫の被害が気になります。しかし、折角の家庭菜園。無農薬で野菜・果物などを育てたいと言う方も多いのではないでしょうか? そんな時にお勧めなのが木酢液です。木酢液は、 …

no image

農薬の使用回数|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布は、ボトルや瓶などに書かれている回数に乗っ取って行います。 農薬取締法によって、厳重に散布回数は管理されていますので、 使用回数の指示は絶対に守るようにし、安全に使用するようにしてください。 …

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …

no image

農薬の散布で近隣のご迷惑にならないために

薬剤の散布は、近隣の住宅の方々に迷惑が掛からないよう、 朝の早い時間帯、風のない日に行なってください。 風の強い日に行えば、思いがけず薬剤が広範囲に飛散することになります。 また、午前中などになると、 …