農薬の使い方と種類|家庭菜園で上手に散布する方法

いろいろな農薬が販売されているため、
ホームセンターなどでは、何をどう使うのか、必要なものは何か、
分からなくなってしまうこともあるかと思います。

自分の家庭菜園に必要なものを的確に見つけるためにも、
農薬の種類を把握し、理解しておくことが必要です。

■農薬のさまざまな種類

・殺虫剤 害虫に対して使う農薬
・除草剤 雑草を除草するために使う農薬
・殺菌剤 病気に対して使う農薬

・展着剤

植物や昆虫の表面は、水を弾きやすいため、より、
薬液を付着しやすくするために使うものです。
農薬と混ぜて使うことで、より効果を発揮することが出来ます。

・植物生長調節剤

スポンサーリンク

種なしぶどうを作る場合や、トマトなどに使われる、
成長を調節するものです。

・誘引殺虫剤

害虫が薬剤の臭いに誘われて、その剤を食すことで駆除するもの

・忌避剤

害虫やネズミなどを作物から遠ざけるために使うもの

農薬というと、環境に良くないイメージや、人体に害があるといった
悪いイメージばかりが思いつきますが、主成分が天然物質由来のものや、
重奏などのものもありますので、心配することもありません。

散布のやり方としては、害虫が居る場所に重点的に散布することです。
害虫が潜んでいるような場所は、葉っぱの付け根や裏側、新芽です。
上から散布するのでは、これらに届きません。

ですから、きちんとその場所に散布出来るように、
葉を持ち上げて散布するなどのコツが必要となります。
下から上で散布するようなイメージで行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園での農薬の使い方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました