初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方

農薬散布に適した時間帯|家庭菜園での農薬の使い方

投稿日:

薬剤の散布に良い時間帯は、朝のまだ気温の低い時です。
特に、害虫の被害の増える夏場は薬剤を散布することも多いと思いますが、
この時期の日中に作業するのは、体力的にも厳しい作業となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
また、薬剤の散布時は長袖長ズボン、とにかく肌を見せない服装が
基本となりますので、涼しい時間帯に行うというのは健康のためにも鉄則です。
 
 
こうなってくると、夕方や夜の散布でも良いのではないか?
と思うかも知れませんが、薬剤の効果が高いのも朝の涼しい時間です。
 
 
夕方や夜の時間帯も、私たちにとっては作業しやすい時間となりますが、
病原菌、害虫ともに効果のあまり見られない時間となりますので、
注意してください。
 
 
また、晴れの日ばかりの時は、あまり病気にもかかりにくいと言えますが、
梅雨の時期など、ジメジメとした季節の時は、病気が発症しやすいです。
 
 
そのため、散布は雨の続いた直後の曇りの日などが1番効果的です。
薬剤は流れでてしまう恐れもありますが、1度乾いてしまえば、
雨で流れ出る心配はありませんので、こういった日にやるのが1番適切だと言えます。
 
 
家庭菜園のある方角によっても少々、感覚は異なりますが、
散布した薬剤が自分の方にかえって肌や衣類につくことがないよう、
散布時は、風の少ない日を選ぶのも大切です。
 
 
また、少々風のある場合は風下から風上に向かって散布するようにし、
自分自身に薬剤がかかることのないように、充分注意して作業をしてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

農薬の残液の処理方法|有効期限にも注意しましょう

薬剤の散布液は、適量を計測して使用することが鉄則です。 また一度、希釈した薬剤というのは保存のきかないものとなりますので、 元に戻したり、保存してまた使用することのないようにします。 そのためにも、余 …

no image

農薬の予防剤と治療剤の使い分け|家庭菜園の農薬の使い方

農薬の使用には、初期段階に使用すること、予防的に使用することが大切です。 既に病気が蔓延してしまっている場合や、たくさんの害虫に寄生されている時の 効果は薄く、農薬でも効果を得ることができないことがあ …

no image

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を育てたいと思っているかも知れませんが、 高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、農薬を使わなけ …

no image

農薬の使用回数|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布は、ボトルや瓶などに書かれている回数に乗っ取って行います。 農薬取締法によって、厳重に散布回数は管理されていますので、 使用回数の指示は絶対に守るようにし、安全に使用するようにしてください。 …

no image

野菜の虫除けを化学農薬以外で対策|家庭菜園の害虫防除

木酢液などの天然物質と同じ成分を使ったものでも、病害虫から野菜を守る効果を得ることができます。 ただし、一般的な薬剤とは異なるものですから、その効果は緩やかです。劇的な効果は期待できませんので、生育初 …

カテゴリー

最近のコメント