初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?|メリットとデメリット

投稿日:

直播栽培と移植栽培という、野菜の育て方の種類がありますが、
直播栽培でなければならないもの、移植栽培の方が適しているものがあります。

スポンサーリンク

直播栽培でなければならないものは、ほうれん草や、ダイコン、ニンジン
などの野菜がありますが、移植栽培に適した野菜には、
どんなものがあるのでしょうか?

⇒ホウレンソウの種まき

⇒ダイコンの種まき

⇒ニンジンの種まき

家庭菜園 ホウレンソウ

育苗してから、定植させた方が良い野菜

育苗した方が、良く育てることが出来る野菜というのは、
トマト、ナス、キュウリ、キャベツ、ハクサイなどがあります。

⇒トマトの育て方

⇒ナスの育て方

⇒キュウリの育て方

⇒キャベツの育て方

スポンサーリンク

⇒ハクサイの育て方
家庭菜園 ナス
これらに共通するのは、生育、育苗期間が長いということです。
生育にかかる日数が長いということは、それだけ畑を使うものであるため、
狭い家庭菜園では、育苗を別のところで行い、畑は、
別の野菜を育てることに使うというのが、効率の良い方法です。

また、生育期間の長いものはそれだけ手間がかかる物となりますので、
なるべく、育苗をしてから、丈夫な状態で畑に植え付けるのが理想だと言えます。

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?

果菜類で言えば、トウガラシ、トマト、ゴーヤ、ナス、ピーマンなどが、
移植栽培が適していると言える野菜です。

葉菜類であれば、キャベツ、セロリ、タマネギ、レタスなどが当てはまります。
根菜類に関しては、移植栽培が出来ないものとして考え、
全て、直播きで対応するようにしてください。

その他多くの野菜は、直播き・移植、どちらでも構わないというものばかりです。
珍しい品種であれば、種から育てる、簡単に育てたい場合は苗を購入するなど、
好みで分けると良いでしょう。

⇒よい苗の選び方

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ナス 苗

苗の植え付けのポイント|時間帯も天候や温度によって考える

苗の植え付けは、できるだけ風のない日に行います。 定植の適期を迎えたばかりの苗は、まだまだ丈夫とは言えず、 風の被害にも遭いやすいからです。 スポンサーリンク

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

no image

支柱立て|風で倒れたり、折れたりするのを防ぐ

家庭菜園の野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。  トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類で …

no image

酸性に強い野菜と弱い野菜|育てたい野菜のpHの目安を知って上手に育てよう

野菜は、酸性に強いもの、やや強いもの、酸性に弱いもの、やや弱いもの この4つに分類されます。種類によって、最適な土壌の酸性値は異なるため、 作付け前には、pHを確認後、必要であれば石灰を施すことが必要 …