初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

投稿日:

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。
この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた
原産地を見ることが出来ます。

■バビロフ氏による野菜の原産地

1.南アメリカ
ジャガイモ、唐辛子、落花生、イチゴ、パイナップル、トマトなど

2.南部メキシコ・中央アメリカ
インゲンマメ、カボチャ、サツマイモ、トウモロコシなど

3.アメリカ東部
オクラなど

4.地中海沿岸地域
アスパラガス、キャベツ、レタス、エンドウマメなど

5.中近東
大麦、パン小麦、ニンジンなど

6.中央アジア
ほうれん草、タマネギ、ソラマメなど

7.インド・マレーシア中心地
サトウキビ、バナナ、里芋、ゴマ、キュウリ、ナスなど

スポンサーリンク

8.中国
あずき、モモ、ハクサイ、大豆、ソバなど

このように見ていくと、色々な事が分かります。
まず、夏野菜として知られるトマトの原産地はペルー周辺とされています。
ジャガイモや、ピーマンなどもこの地域が原産とされています。

しかし、同じナス科でもナスはインドを原産とします。
これは、大陸移動説により、大陸が分裂されたのではないか?
といった事も言われていて、とても面白いです。

原産地の地図を見ると、その特性とは違った意外な地域を原産地とする
野菜もあったりと、非常に興味深いものです。

この作物の八大中心地は覚えておかなければいけないものではありませんが、
こういった野菜のルーツを知っておくと、更に野菜への理解が深まり、
家庭菜園を楽しめるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園のコストパフォーマンス|費用対効果の高い野菜

私は庭付き一軒屋に一人暮らししております。 庭付きと言うこともあって、そこでちょっとした家庭菜園をしています。 また一人暮らしと言うこともあって、出来るだけ出費を抑えたく、家庭菜園を始めました。 出費 …

no image

家庭菜園でミミズが繁殖|土にとってよい影響があります

農薬・除草剤などは使用せず、有機肥料のみを使用すると、 土の中の腐葉をエサとする、ミミズがたくさん繁殖します。 『ミミズの糞』と言う肥料も出ているくらいで、ミミズは、 土にとって良い影響があります。腐 …

no image

ソラマメを栽培しています

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、 塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。 オヤツというより、時季にはほとんど主食です。 ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べ …

no image

山菜と野菜の違い|家庭菜園でも山菜を楽しむ

「山菜」という言葉を一般的に使うと思いますが、山菜類というのは、どのようなもののことを言うのでしょうか? 一般的に山菜というのは、その名前の通り、野山に自生する植物です。その中で、葉・茎・花蕾・根など …

no image

家庭菜園の初心者が野菜作りを楽しむ方法

放射能の問題などにより、食の安全が見直されています。特に野菜に関しての安全を問う人も多く、自宅で無農薬野菜を栽培しているという人や、宅配で安全な物を購入しているといった人も居ます。 家庭菜園は、自宅に …