初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で節約のコツ|探せば家の中に代用品がたくさんある

投稿日:

家庭菜園が流行となっている背景には、節約ブームが
絡んできています。家庭菜園で育てたものは、お花などと違い、
単に観賞用と言うわけではなく、食卓に並べることが出来ます。

勿論、それなりの手間は必要となりますが、家族の多い家では特に
家庭菜園で賄った野菜のお陰で食費を大幅に節約出来るといった
メリットがあります。

スポンサーリンク

しかし、家庭菜園はそれなりの準備が必要となりますし
準備がきちんと整っていても、上手に育てられない事もあります。

ですから、初心者の内は肥料・道具・土・プランターなどを準備するため
お金が必要となり、野菜を買ったほうが安かったという意見や、
お手入れを怠ったつもりはないのに、上手く収穫できなかった、
といった意見が良く聞かれるのです。

新しいことをはじめるのには、ほとんど費用が必要です。
家庭菜園は勿論、釣り・登山・ジム・習い事、ある程度は仕方ないと
割り切るしかないのかも知れません。

しかし、家庭菜園の場合は家にあるもので代用出来るものも
たくさんあるのです。

例えば、食品に入っている乾燥剤がありますよね。
「食べれません」と明記されている乾燥剤は、植物の肥料に
最適なものです。

乾燥剤を使う場合には水に付けておいたものを土に混ぜて
使うと良いでしょう。

また、揚げ物に使った残り油も栄養となります。
株元から少し離して少量をまけば、油粕を入れたのと同じことです。

スポンサーリンク

コーヒーのカスや茶殻も同様です。
土に混ぜて使えば肥料の代わりとなります。茶殻を煮だして覚ませば、
液体肥料となり、植物が元気になるのです。

コーヒーのカスは土に混ぜておくと、害虫予防となります。
最初の植え付けにはコーヒーカスを入れておくと良いかも知れません。

このように家庭で出たゴミが必要となる事も多々あるのです。
知っているのと知らないのでは、かかる費用にも差が出てきますよね。

節約のためにと家庭菜園をはじめたいという方は、
こういったゴミから肥料を使うのも1つの節約方法と言えます。

また、家庭にあるもので害虫の予防も出来ます。
勿論、大量に発生してしまった場合などは農薬・薬剤が必要ですが、
「予防」という点では十分に効果を感じられます。

まず、ナメクジの予防方法ですがこれにはビールを使います。
浅めの容器にビールを少し入れ、植物の根元に置いておくのです。
すると、ビールに釣られたナメクジがビールの中で溺死します。

次にアブラムシですが、これにはアルミホイルを使用します。
植物の株元や茎に巻きつけるようにアルミホイルをします。

アブラムシは光を嫌うため、アルミホイルで反射している植物には
寄り付かなくなるという効果が得られるのです。

すでにアブラムシが発生している場合には、牛乳を倍に薄め、
スプレーすると良いとされています。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜と穀物の定義とは?

野菜は、簡単な調理や、生で食べる事の出来る一年生の草本植物とされています。 これに対して、穀物はどのように定義されているのでしょうか? スポンサーリンク

no image

スイカの有効成分|シトルリンやカリウムが夏バテに効く

スイカは約9割が水分で出来ているという話を聞いたことがありませんか?確かに果肉のほとんどが水分なので、栄養価が低いとされがちですが、実は色々な効果の期待出来る野菜でもあります。 その効果とは、抗酸化作 …

no image

家庭菜園でおいしい有機野菜を食べたい|なるべく農薬を使わない野菜作り

私が考える「野菜作り」の面白さの1つは、”安心・安全”であることです。 家庭菜園をされている方以外の方も、今は、食の安全について、 強く関心を持たれている部分だと思います。我が …

菜の花

アブラナ科野菜の花は食べられます

コマツナ、ダイコン、チンゲンサイ、ハクサイ、キャベツなどは、 アブラナ科に属する野菜です。このアブラナ科の野菜は春になると、 葉の芯のところから、花軸が伸びて、菜の花が咲きます。 ハクサイや、キャベツ …

no image

ハクサイがヨトウムシにやられた|葉脈しか残っていない

私は、家庭菜園の1年目、8月末よりハクサイを育て始めました。 冬の鍋は大好物なので、ハクサイをつくりたいと、前々から思っていたんです。 でも、失敗です。全滅!と言っても過言ではありませんでした。 その …