初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

日本の野菜の食文化|大根は原産地は地中海だけど日本で広く普及した

投稿日:

日本は昔、「野菜を生で食べる」と言う習慣がありませんでした。
これは、肥料として人糞や、人尿、未完熟堆肥などを利用してきたためです。

アメリカや、ヨーロッパは肉を中心として生活をしてきたため、
早くより、生野菜の重要さに気付き、サラダなどとして食べてきたようです。

このように、野菜というのは、その地域の食文化にも大きく影響を与え、
徐々に好まれるようになりました。また、原産地を中心として広まった野菜は、
その野菜を使った独特の食文化も生み出しました。

■品種改良によって、日本でも広まった野菜

サラダ、漬物、煮物、さまざまな活用法のあるダイコンは、
地中海沿岸地域を原産とする野菜です。この時は肥大したいわゆる
「ダイコン」ではなかったものの、その後、中国に渡って現在のダイコンの形となりました。

スポンサーリンク

日本に渡ったのは、10世紀頃と言われていますが、
それ以降、日本ではさまざまな地域で、ダイコンの品種改良が進みました。
こうして、日本でもダイコンが一般的な野菜として食卓に取り入れられるようになったのです。

また、ほうれん草にも同じ事が言えます。
ほうれん草はもともと、東洋のものと、西洋のものの2種類があったようですが、
明治時代に西洋ほうれん草が導入されたことで、広まったそうです。

元々の東洋のほうれん草は、春?夏の栽培が不可能とされてましたが、
西洋との交雑種とすることで、1年中食べれるようになり、
徐々に、日本に根強い人気が生まれていったようです。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

冬の家庭菜園はダイコンを育ててみよう

冬場、特に年末年始の野菜の高騰は毎年のことですが、 ここ近年は、その高騰ぶりも半端ではないような気がします。 我が家は、役場から借りた菜園で、野菜を育てていますが、 冬場に野菜を作っても、寒さで育ちが …

no image

野菜の原産地を知ると栽培のヒントになる

野菜の図鑑などを見てみると、「原産地」が書き込まれていると思いますが、この原産地というのは、具体的にどういった土地であると原産とされるのでしょうか? ■原産地というのは、どういった土地のこと? 植物学 …

no image

趣味の家庭菜園はストレス発散になる

いつも仕事が忙しくてあまり自分の時間が持てなかったのですが 最近は家庭菜園でストレスを発散しています。 もともと沖縄育ちだったので近所にサトウキビ畑があったり きれいな海があるのが当たり前な環境だった …

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

初心者が始める家庭菜園|おうち簡単野菜作り

近年、日本では野菜への安全性が問われています。そういった事から家で野菜を育てることの出来る家庭菜園を趣味とする方も増えてきています。 ご自身の家の庭は勿論のこと、マンションやアパートに住まれている方で …

カテゴリー

最近のコメント