初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

ホウレンソウは酸性土壌が苦手

投稿日:

家庭菜園で野菜を作っていますがもともとの地面の固い土を掘り起して、
ホームセンターで買ってきた野菜用の土とブレンドしていますので、
どうしても目は粗いですし、土壌が酸性に傾いているようです。
昨年の秋は大根とラディッシュ、ホウレンソウの種を蒔きました。
大根とラディッシュは小さいながらも育ちましたが、
ホウレンソウは全く育ちませんでした。
ホウレンソウはアルカリの土壌を好むのでたぶんうちは酸性の土壌なんだと思います。
アルカリ化するには「石灰」を土にすきこみます。
この冬は土壌を改良すべく、石灰を事前にすき込むことにしました。
ホームセンターには色々な種類の石灰がありました。
違いがよくわからなかったのですが、「苦土石灰」という名称の商品を購入し、
ホウレンソウの種を蒔く部分にすき込んでから種を蒔いてみました。
しかし昨年同様、全く芽が出なくて寂しい思いをしました。
石灰の量が少なすぎたのか、部分的に蒔いたのでは駄目だったのか、
はたまた種の品種による問題だったのか。
最近はテクノロジーの進歩が目覚ましいですから、
酸性土壌に強いホウレンソウが開発されていないか、
調べてみたのですが見つかりませんでした。
地道に土壌を改良していくしかない様です。
また、次にホウレンソウを蒔く際には、育てやすい品種を選んでみようと思います。
ネットで調べたところ、日本種の「次郎丸」が良さそうです。
今度こそ、自分で作った、おいしいホウレンソウを食べたいと思います。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で生ごみをリサイクル?|コンポスターで堆肥作り

自分の家庭菜園を持つと、明らかに生ごみの量が減ります。 自分の畑にて収穫したものは、食べられない部分は除去してから、 家に持ち帰ります。家に持ち帰った分は、全て食べれる部分なので、 余すことなく食べる …

家庭菜園

野菜の分類、科名を覚えておくと家庭菜園の管理に役立つ

植物学的に、野菜は分類分けされています。 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも、この野菜の分類分けについて、 ある程度頭に入れておくようにしてください。 例えば、アブラナ科の野菜には、ダイコン、ハク …

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

家庭菜園でおいしい有機野菜を食べたい|なるべく農薬を使わない野菜作り

私が考える「野菜作り」の面白さの1つは、”安心・安全”であることです。 家庭菜園をされている方以外の方も、今は、食の安全について、 強く関心を持たれている部分だと思います。我が …

野菜つくり

早生、中生、 晩生の意味は?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

野菜は、実に多くの種類があります。 更に、その野菜の1つの種類でも、さまざまな品種のものがあり、 その特徴や、味、育て方などに大きな違いがあることもあります。 スポンサーリンク