初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で採りたてのキュウリはすごくおいしい

投稿日:

家庭菜園で栽培した採りたてのきゅうりのおいしさは格別です。
野菜を育てない人には、決して分からない最高の味です。
言い過ぎかもしれませんがおいしいきゅうりを食べるために野菜作りをしているようなものです。
きゅうりはほとんどの場合、苗から育てます。
それも接木が寒冷や病気に強く、また、収量も期待できるので、
きゅうりを植える場合は、接木苗を購入するに限ります。
きゅうりには品種はたくさんあります
きゅうりは、寒さに弱く、特に遅霜にあたるとあっという間に枯れてしまうので、
できるだけ5月下旬から6月中頃までに定植します。
定植のポイントは、近づけて植えないことと、浅く植えることです。
株間を60cmは離して植えます。また、寒冷対策のため、根元に稲わらを敷いておき、
また落ち着くまでネットをかけて、寒冷対策とハムシ対策を行ないます。
定植が済んだら、今度は支柱を立て、きゅうりネットをかけます。
きゅうりは登るよりも這う方が好きなので、
わき目をしっかりときゅうりネットに誘導し、絡ませるようにします。
なお、追肥が必要となりますが、直接根元にかけないようにします。
きゅうりは、どんどん花が咲いたものから、きゅうりに育って収穫することができます。
ある程度収穫したら、親づるの摘芯が必要となります。
そして、2回目の追肥として、今度は、根元に穴を掘って、肥料を与えます。
きゅうりは収穫が始まってから1ヶ月から1ヶ月半程度収穫することができます。
家庭だけで楽しむのなら、苗は2本もあれば十分です。
きゅうりの採りたては、本当に絶品ですので、ぜひ育ててみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか? ■コロンブスと野菜との意外な関係性 コロンブスが …

no image

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか? 実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども豊富に含まれて …

no image

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、 レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。 しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、 忙しい …

no image

家庭菜園で野菜作りをすると農家の苦労がわかる?

地元の農家の人の育てた野菜を販売するコーナーが、 地元のスーパーにあります。いわゆる、産直品コーナーです。 開店時間に、農家の人が朝収穫した野菜を並べているので、 生産者は明確、新鮮な野菜を食べること …

no image

山菜と野菜の違い|家庭菜園でも山菜を楽しむ

「山菜」という言葉を一般的に使うと思いますが、山菜類というのは、どのようなもののことを言うのでしょうか? 一般的に山菜というのは、その名前の通り、野山に自生する植物です。その中で、葉・茎・花蕾・根など …