初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で採りたてのキュウリはすごくおいしい

投稿日:

家庭菜園で栽培した採りたてのきゅうりのおいしさは格別です。
野菜を育てない人には、決して分からない最高の味です。
言い過ぎかもしれませんがおいしいきゅうりを食べるために野菜作りをしているようなものです。
きゅうりはほとんどの場合、苗から育てます。
それも接木が寒冷や病気に強く、また、収量も期待できるので、
きゅうりを植える場合は、接木苗を購入するに限ります。
きゅうりには品種はたくさんあります
きゅうりは、寒さに弱く、特に遅霜にあたるとあっという間に枯れてしまうので、
できるだけ5月下旬から6月中頃までに定植します。
定植のポイントは、近づけて植えないことと、浅く植えることです。
株間を60cmは離して植えます。また、寒冷対策のため、根元に稲わらを敷いておき、
また落ち着くまでネットをかけて、寒冷対策とハムシ対策を行ないます。
定植が済んだら、今度は支柱を立て、きゅうりネットをかけます。
きゅうりは登るよりも這う方が好きなので、
わき目をしっかりときゅうりネットに誘導し、絡ませるようにします。
なお、追肥が必要となりますが、直接根元にかけないようにします。
きゅうりは、どんどん花が咲いたものから、きゅうりに育って収穫することができます。
ある程度収穫したら、親づるの摘芯が必要となります。
そして、2回目の追肥として、今度は、根元に穴を掘って、肥料を与えます。
きゅうりは収穫が始まってから1ヶ月から1ヶ月半程度収穫することができます。
家庭だけで楽しむのなら、苗は2本もあれば十分です。
きゅうりの採りたては、本当に絶品ですので、ぜひ育ててみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

栽培時期による野菜の分類|家庭菜園で季節の野菜を育てよう

野菜には、いろいろな分類方法がありますが、季節で分ける方法も一般的です。春作と呼ばれる春野菜、夏作と呼ばれる夏野菜など、それぞれの野菜について、詳しく紹介して行きたいと思います。 ■春野菜 暖かい地域 …

エダマメ 大豆

大豆は野菜?それとも穀物?|収穫時期によって分類されます

あまり知られていない事実ではありますが、実は、大豆と枝豆は同じ種類の植物です。 枝豆は種まき後、約90日間生長することで収穫が出来る子実、 大豆は種まき後、120日以上生長することで出来る種子となりま …

no image

トマトは厳しくストレスを与えた栽培のほうが甘くなる?

我が家では、毎年、家の前の小さな畑に、トマトを植えています。 苗は、自分で育てず、ある程度大きくなったものを買います。 初めの頃は、どれも同じだろうと、値段の安い苗を買っていましたが、 色々な種類を試 …

no image

日本の野菜の食文化|大根は原産地は地中海だけど日本で広く普及した

日本は昔、「野菜を生で食べる」と言う習慣がありませんでした。これは、肥料として人糞や、人尿、未完熟堆肥などを利用してきたためです。 アメリカや、ヨーロッパは肉を中心として生活をしてきたため、早くより、 …

no image

家庭菜園の楽しみ方|自分で育てた野菜が育っていくのに感動

家庭菜園の醍醐味は、やっぱり自分で育てた野菜が育っていく、 その過程を見ることができるところにあると思います。良く、畑を見ながら、 作業の合間に休憩をするのですが、本当に良いものです。 自分で耕した畑 …

カテゴリー

最近のコメント