カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます

小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします
種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますが
すじまきでもかまいません

大カブはまき溝をせまくしてすじまきにします

カブの種をまいたら板切れなどで軽く押さえ
種が隠れる程度の土をかぶせて
たっぷりと水やりをします

発芽するまで寒冷紗で覆います

スポンサーリンク

寒冷紗にはアブラムシなど飛んでくる害虫の防除
直射日光を遮る日よけ、防風対策などになります

秋まきのカブは早くまきすぎると
高温で発芽不良になったり、
生育期に長雨や台風の影響を受けやすくなります

品種にもよりますが家庭菜園では
9月中旬くらいから種をまくとよいでしょう

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
カブの育て方 種まき
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました