初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

種まき

覆土の厚さとやり方|種によって上手に土のかぶせ方を変えてあげましょう

投稿日:

種まき後は、土を被せて作業を終了することになりますが、
この時の土の被せる厚さは、種の直径に合わせて変化させるのが一般的です。

目安は、種の直径×3倍の厚さとなりますので、種が大きければ大きいほど、
被せる土の量も多くなり、小さければ小さいほど、薄く被せることになります。

スポンサーリンク

また、好光性種子であるかどうかも、大切な目安となります。
好光性種子というのは、光を好む性質の種子のことで、この性質を持つ種は、
光に当たることで、発芽を促すことができます。

例えば、ニンジンやレタス、セロリの種が好光性種子です。
これらの野菜を種から育てる場合は、なるべく光が当たりやすいように、
土を薄くかけることが、発芽を高めるポイントとなります。

スポンサーリンク

土を厚くすると、発芽不良を起こすこともありますので、
充分注意してください。

ただし、どの野菜であってもある程度の土は必要です。
好光性種子だからといって、全く土を被せないと、種が雨水で流れたり、
鳥害により、食べられてしまうこともあります。

また逆に、嫌光性種子もあります。
好光性種子とは逆で、光を好まない、暗いところで発芽率が上がるタイプです。

ダイコンや、トマト、ナスなどの野菜がこのタイプです。
種まきの場合は、しっかりと土を被せて手で軽く抑えるようにしてください。

嫌光性種子・好光性種子問わず、種まき後の水やりは重要です。
充分に水を与えて、種と土がしっかりと密着するように管理してください。

スポンサーリンク

-種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

no image

スプラウト野菜の育て方|簡単に作れて栄養価も高い

スプラウトとは、植物の芽が出たばかりのものをさします。種子には、生長するために必要な栄養分が蓄えられていますが、発芽した事によって、新しいミネラルやビタミンが作られるのです。 そのため、発芽直後のスプ …

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

no image

白菜の苗がよくそろうポットでの育苗|高温だと初期生育にむらができてしまう

白菜は8月の高温時に種まきをするため直播では初期生育がそろいにくく生育むらができます 高温時に対策として白菜をポットで育苗して管理するとよい苗をそろえることができます 3号ポットを用意してポットごとに …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

カテゴリー

最近のコメント