初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

種まき

覆土の厚さとやり方|種によって上手に土のかぶせ方を変えてあげましょう

投稿日:

種まき後は、土を被せて作業を終了することになりますが、
この時の土の被せる厚さは、種の直径に合わせて変化させるのが一般的です。

目安は、種の直径×3倍の厚さとなりますので、種が大きければ大きいほど、
被せる土の量も多くなり、小さければ小さいほど、薄く被せることになります。

スポンサーリンク

また、好光性種子であるかどうかも、大切な目安となります。
好光性種子というのは、光を好む性質の種子のことで、この性質を持つ種は、
光に当たることで、発芽を促すことができます。

例えば、ニンジンやレタス、セロリの種が好光性種子です。
これらの野菜を種から育てる場合は、なるべく光が当たりやすいように、
土を薄くかけることが、発芽を高めるポイントとなります。

スポンサーリンク

土を厚くすると、発芽不良を起こすこともありますので、
充分注意してください。

ただし、どの野菜であってもある程度の土は必要です。
好光性種子だからといって、全く土を被せないと、種が雨水で流れたり、
鳥害により、食べられてしまうこともあります。

また逆に、嫌光性種子もあります。
好光性種子とは逆で、光を好まない、暗いところで発芽率が上がるタイプです。

ダイコンや、トマト、ナスなどの野菜がこのタイプです。
種まきの場合は、しっかりと土を被せて手で軽く抑えるようにしてください。

嫌光性種子・好光性種子問わず、種まき後の水やりは重要です。
充分に水を与えて、種と土がしっかりと密着するように管理してください。

スポンサーリンク

-種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピーマン 苗

ピーマンの種まき・育苗|苗作りには一定の温度と時間が必要

熱帯原産のピーマンは低温に弱く、 苗作りには一定の温度と時間が必要です ピーマンの種のまき方 セルトレイを用意して、1粒ずつ種をまきます ピーマンは発芽温度が高く時間もかかります 発芽適温25℃-30 …

no image

種の発芽に必要な条件|家庭菜園の種まき

野菜を育てる上で、「発芽」という言葉を良く耳にすると思いますが、発芽というのは、どういう事を言うのか、正しく知っている人は少ないと思います。 まず、発芽についてですが、多くの人はただ芽が出ることと解釈 …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …