初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

投稿日:

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、
土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。

中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、
根は生長しにくくなりますし、根腐れを起こす可能性もあります。

そのため、適度に水分を与えることが重要になってきます。
また、土壌についても注目したいところです。

水はけの悪い土壌である場合は、雨などの影響によって、
水分がなかなか排出されないようになってしまい、土が湿りすぎてしまいます。
水はけが良い土を使うのもコツの1つですので、土壌改良が必要です。

野菜は、それぞれの生長の時期によって必要な水分量は変わります。
例えば、種まき後、発芽が揃うまでは充分に水やりを行う必要があります。

スポンサーリンク

発芽が出揃った後は、水やりの頻度を落とし、根が水分を求めて、
グンと伸びるように促してあげることが大切です。

生育中の苗は、湿度と水分量のバランスが大切です。
多湿に強い野菜は、クレソンや、セリなど、多湿でも比較的大丈夫な野菜は、
キュウリ、サトイモなど、その他の多くが多湿を好みません。

そのため、野菜に合わせて土の環境、水やりの頻度を変えてあげるのも、
重要だと言えます。

尚、雨の降った後などに葉がしおれてしまうことがありますが、
この時は、水分量が減ったのではなく、水分の蒸散が多くなったために、
起こる症状となりますので、水やりは行わずに様子見することが大切です。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。 野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、 …

no image

夏場の水やりの注意点|暑いときにはいきなり水をやらない

最近の日本は本当に暑いです。炎天下の続く毎日であれば、鉢土もすぐにカラカラになってしまいます。 夏場は朝夕2回の水やりが必要なこともあり、お手入れが大変だと、感じている人も多いのではないでしょうか? …

no image

水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、水圧が強すぎると、水で土を削ってしまうことになり、種が流れ出ることもあるので、水圧の強くならない、ジョウロで水を与えることが必要です。 また、 …

no image

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。 ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、 この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。 特に、 …

野菜つくり

種まき後、植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、 それぞれのやり方には、違いがありますので、是非、覚えておきましょう。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント