初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

投稿日:

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、
植物は日々、生長していきます。

野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、
品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、枯れて終わってしまいます。

■水やりは、野菜の生育に重要な作業です

畑にて家庭菜園を作る場合、土の表面が乾燥していても、
土の内部には水分が残り、その水分を追うようにして野菜は根を伸ばすため、
水やりの頻度は低くても、大丈夫です。

しかし、プランターでの栽培ともなると、土の量や深さが限られるため、
水やりの頻度が高くなります。

水不足のサインは、葉がしおれるようになった時、土が白く乾燥した時
となりますので、そうならないように、しっかりと水をあげることが大切です。

スポンサーリンク

また、水をあげる時は、しっかりと土の内部まで水が行き渡るよう、
野菜だけでなく、土に気を付けて満遍なく与えるのがポイントとなります。

特に真夏に晴天が続いた時などは、野菜、土が水不足とならないよう、
観察を良く行うようにして、適度に水やりを行うようにしてください。

■根こぶ病になると、水分を吸収しにくくなる?

アブラナ科の野菜は、根こぶ病に気をつけなければ行けません。
根こぶ病になった野菜は、水分を吸収する力が弱くなっているので、
水やりを適度に行なっていても、収穫が望めないことがあります。

水やりに気を使うのはとても大切ですが、病害虫にならないような、
管理をすることも重要だと言えます。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

野菜つくり

プランター、鉢植えの水やりの注意点|量はたっぷり、回数は少なく

■鉢受け皿に水が溜まらないようにする 鉢を使って家庭菜園をやられている方も多いと思いますが、 鉢受け皿に水がたっぷり溜まらないように水やりには注意しなくては いけません。 スポンサーリンク 何故かと言 …

no image

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。 中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、根は生長しにく …

野菜つくり

種まき後、植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、 それぞれのやり方には、違いがありますので、是非、覚えておきましょう。 スポンサーリンク

no image

野菜の味は水のやり方で変わる|時期や種類によって水の与え方を変える

収穫した野菜の味は、水の上げ方で変わる 家庭菜園をやられている方でも、うっかり水やりを忘れてしまい、枯らしてしまった経験や、逆に、水をやりすぎてしまって根腐れしてしまったという経験をしたことがある人も …

カテゴリー

最近のコメント