初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

水やりのタイミング、回数、量|基本は土が乾いたときにたっぷり

投稿日:

水やりは基本的に「土が乾いた時にたっぷり」というのが基本です。
良く春は1日に1回、夏場は朝夕2回などの表記もされていますが、
上記の基本は絶対に覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

3月-5月頃は、気温も徐々に上昇し生長も著しくなります。
土も乾きやすくなりますので、水やりも十分に行う必要があります。

しかし6月になると梅雨となります。
勿論、雨は水やりとなりますのでそれほど水やりが必要では
なくなります。

このように天気や季節によって、水やりの回数や量は大きく
変わるものです。

スポンサーリンク

プランターや鉢を使った栽培をしている場合は、受け皿に流れるほど、
たっぷりとあげるのが基本となりますが、受け皿に流れでた水を
放っておくと、根腐れの原因になりますので捨ててください。

地植えで栽培をしている場合は、土の中まで浸透するように、
水やりを行います。土の表面が湿っただけでは不十分となりますので、
根っこのある深さ20センチほどまで染みこむようにあげていきましょう。

家庭菜園初心者の内は、なかなか慣れないとは思いますので、
まずは人差し指をちょっと土の中に入れてみてください。

出した時に土が湿っていれば、まだ水をあげなくても良いです。
逆に土が乾き、パラパラと指につかないようであれば、水やりを
行なってあげるようにしてください。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。 野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、 …

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

no image

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。 ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、 この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。 特に、 …

no image

プランター栽培の水やり方法|失敗の多くは水のやりすぎ

プランター栽培は、土の容量が限られるだけではなく、プランター内の温度が上がりやすいため、定期的に水やりを行うことが必要です。 しかし、プランター栽培の失敗の多くは水の上げすぎとなりますので、水をあげす …

no image

水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、水圧が強すぎると、水で土を削ってしまうことになり、種が流れ出ることもあるので、水圧の強くならない、ジョウロで水を与えることが必要です。 また、 …

カテゴリー

最近のコメント