初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

種まき

種の発芽に必要な条件|家庭菜園の種まき

投稿日:

野菜を育てる上で、「発芽」という言葉を良く耳にすると思いますが、
発芽というのは、どういう事を言うのか、正しく知っている人は少ないと思います。

まず、発芽についてですが、多くの人はただ芽が出ることと解釈しますが、
具体的には、休眠期だった種が起きて生長を開始し、種子を破って、
根を出したことを、発芽と言います。

■種が発芽するのに重要となるポイント

種は発芽するのに、それぞれ条件があります。
特に重要なのは、温度、水、酸素の3つであり、その後、光などが続きます。

・発芽に適した温度とは?

発芽に適した温度は、野菜によって、品種によって違います。
レタスなどの低温性野菜は18度?20度となりますが、高温性野菜である
トマトなどは、25?28度の温度が必要です。

スポンサーリンク

種まきの時は、野菜の発芽適温と、その時の昼間の温度を考え、
適期となる時期に、種まきを行えるように調整しましょう。

・水分と酸素が必要となるのは何故か?

種を休眠期より起こすのに重要となるのが、水分と酸素です。
乾燥すると、発芽率が悪くなったり、時期が遅くなる傾向にあるため、
種まき後は、充分に水やりを行うようにします。

また、適度な酸素が必要となるので、水分量が多すぎるのは逆効果です。
野菜も呼吸をして生長しますから、水分で呼吸ができなくならないよう、
注意しましょう。

・光と発芽の関係性

絶対に発芽には光が必要というわけではありません。
好光性種子と、嫌光性種子の2つがあり、好光性種子である場合は、
日光が必要となります。

種袋のウラ面には、詳しい説明が記載されていますので、
種購入後は、ひと通り、説明を読んだ上で栽培をはじめましょう。

スポンサーリンク

-種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

白菜の苗がよくそろうポットでの育苗|高温だと初期生育にむらができてしまう

白菜は8月の高温時に種まきをするため直播では初期生育がそろいにくく生育むらができます 高温時に対策として白菜をポットで育苗して管理するとよい苗をそろえることができます 3号ポットを用意してポットごとに …

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

カブの間引き|株間は品種によって調整する

カブの1回目の間引き時期は子葉が開ききったころです 密になっている部分や発芽の遅れて小さいカブ、ひょろひょろっと伸びているものなどを間引いて株間を揃えますこのときの株間は1?2cm程度でよいでしょう …

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

no image

葉菜類の栽培のポイント|白菜やリーフレタスは直播栽培でも育苗栽培でも可能

結球レタスや、ブロッコリー、キャベツなどの葉菜類は、セルトレイや、ビニールポット、育苗箱などを使って育苗した後、定植します。また、タマネギや、ネギなども同様です。 ハクサイや、リーフレタスなどは直播栽 …

カテゴリー

最近のコメント