初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

投稿日:

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、
動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、
土に栄養分が与えられます。

有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくごく当たり前の事のように、
植物が育ちやすい状態が保たれています。

しかし、家庭菜園ではそれは行われません。
野菜は収穫され持ちだされてしまいますし、枯れるまでそこにありません。
排泄物もありませんので、どんどん畑がやせ地になっていってしまうのです。

こういった理由により、肥料が必要となるのです。
野菜が育つことは、土より栄養分(元素)を吸収していることとイコールです。
肥料を補給して、土の栄養分を確保しなければなりません。

スポンサーリンク

しかし、肥料を与え過ぎも良くありません。
私たち人間と同じように、あるだけ与えてしまえば丈夫には育たず、
かえって生長を阻害してしまうのです。

土の肥料の保肥力によっても多少の違いがありますが、
肥料の多すぎは、肥料焼けを起こし、生育不良、発芽障害を引き起こさせてしまうのです。

市販の肥料の袋には、成分量がパーセントにて表示されています。
N-P-K=6-6-6などと表示されているのがそうです。

この場合、窒素とリン酸、カリがそれぞれ6パーセント含まれています、
という表記になります。

肥料は作る野菜によっても、必要量が変わってきますので、
それぞれの野菜に適した量を、バランス良く施してあげ、
元肥・追肥を行うようにすることが大切です。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

no image

健康な土をつくるには?|家庭菜園の土作り

家庭菜園に1番大切なのは、土作りです。 さまざまな著書を出されているような、家庭菜園、ガーデニングのプロでも、 土には、お金を掛けると良く言われています。 健康な土の中には、微生物がたくさん住んでいま …

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

家庭菜園 土起こし

家庭菜園の土作り手順1 土おこし|畑全体を天地返しして柔らかい土にする

土作りの手順を紹介します。土作りの目的は大きく分けて二つあります。一つは植物に必要な養分を補うことです、二つ目は長く野菜が育てられるように土壌環境を作ることです。

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

カテゴリー

最近のコメント