初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

投稿日:

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、
動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、
土に栄養分が与えられます。

有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくごく当たり前の事のように、
植物が育ちやすい状態が保たれています。

しかし、家庭菜園ではそれは行われません。
野菜は収穫され持ちだされてしまいますし、枯れるまでそこにありません。
排泄物もありませんので、どんどん畑がやせ地になっていってしまうのです。

こういった理由により、肥料が必要となるのです。
野菜が育つことは、土より栄養分(元素)を吸収していることとイコールです。
肥料を補給して、土の栄養分を確保しなければなりません。

スポンサーリンク

しかし、肥料を与え過ぎも良くありません。
私たち人間と同じように、あるだけ与えてしまえば丈夫には育たず、
かえって生長を阻害してしまうのです。

土の肥料の保肥力によっても多少の違いがありますが、
肥料の多すぎは、肥料焼けを起こし、生育不良、発芽障害を引き起こさせてしまうのです。

市販の肥料の袋には、成分量がパーセントにて表示されています。
N-P-K=6-6-6などと表示されているのがそうです。

この場合、窒素とリン酸、カリがそれぞれ6パーセント含まれています、
という表記になります。

肥料は作る野菜によっても、必要量が変わってきますので、
それぞれの野菜に適した量を、バランス良く施してあげ、
元肥・追肥を行うようにすることが大切です。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の役割

◆ 植物が倒れないように支える ◆ 植物は地中に根をしっかりと張る事によって 強風などでも倒れないように 地上部にある茎や幹を支えています。 ◆ 根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する ◆ …

野菜つくり

家庭菜園で使う肥料の種類

家庭菜園で使う肥料にはどんなものがあるのでしょうか? 肥料には有機質と無機質に大別され、 ほとんどは粒状か粉状となっています。 有機質肥料 動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれ …

no image

家庭菜園の冬の作業|この時期にしっかり土作りを

本格的な冬を迎えると、家庭菜園は越冬野菜しかなくなってしまいます。 この時期は、空いている畑が必然的に多くなりますので、しっかりと管理を行い、 来年に向けて菜園の状態を良く保っておきましょう。 水はけ …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …