初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ピーマンの育て方 肥料・堆肥

ピーマンの追肥|収穫がはじまったら2週間に1度くらい

投稿日:

ピーマンの収穫がはじまったら2週間-3週間に一度
1平方メートルあたり30gの化成肥料を追肥としてあたえます。

追肥をしたら軽く土寄せして水やりもしてください。

ピーマンの根は比較的浅い所に張っていくので
乾燥の影響を受けやすい野菜です。

梅雨があけて晴天が続いて、地面が乾くようなら
水やりもこまめにしましょう。

高温性で高い気温の必要となるピーマンも、充分に生長した段階は、
低温に対してもある程度の抵抗力がありますから、10月終わり頃までは、
収穫を楽しむことができます。

⇒ピーマンの栽培特性

⇒ピーマンの種まき・育苗

スポンサーリンク

⇒ピーマンの土つくり・畑の準備

⇒ピーマンの定植

⇒ピーマンの芽かき

⇒ピーマンの支柱立て・整枝

⇒ピーマンの収穫

⇒ピーマンの追肥

⇒ピーマンの害虫オオタバコガ

 

スポンサーリンク

-ピーマンの育て方, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

カリウム 肥料

カリ肥料とは|肥料の三大栄養素(K)の効果

カリの必要性 野菜は多量のカリを吸収しますが、カリの生理作用や役割については 窒素やリン酸ほどは明らかになっていません。 これはカリウムの大部分が植物体内でイオンの形で 細胞の中に溶けていることに関係 …

no image

ピーマンの植え付け時期|生育適温は20℃?30℃

ピーマン、トウガラシの育て方のポイントはほとんど変わりません。 ピーマンは野菜としてさまざまな調理に使用することができますし、 トウガラシは1株でも充分な収穫を得ることができますので、どちらも同時に育 …

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …