初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

リン酸肥料 肥料・堆肥

リン酸肥料とは|肥料の三大栄養素(P)の効果

投稿日:

リン酸 肥料

リン酸の必要性

リン酸は生命現象に関連の深い元素のひとつであり、植物体のあらゆる部分に存在します。
とくに生育や活動のさかんな芽や根の先端に多く含まれます。

リンは植物体のいろんな化合物に含まれていて、
植物体内で行われているエネルギー代謝作用の重要な役割を担っています。

スポンサーリンク

リン酸は植物体内で重要な役割をしているのですが
土壌中ではリン酸が鉄やアルミニウムと結合して溶けにくい化合物をつくり
野菜に吸収されにくい形態で存在するという問題もあります。

とくに日本で多い火山灰土ではリン酸の固定力が大きいため、
リン酸の利用効率はきわめて低い状況です。

農業の現場ではリン酸は作物吸収量よりも多めに施用され、施肥方法も工夫されています。

リン酸肥料の種類

日本にはリン鉱資源がなく、リン鉱石はすべて輸入しています。

リン鉱石の中のリン酸はフッ素アパタイトで、
溶けにくい性質でそのままでは植物に吸収されにくいため、
肥料としては溶けやすく、吸収しやすい形態に変える必要があります。

一つは酸を使って分解する方法で、代表的な肥料が過リン酸石灰です。
またリン鉱石を硫酸で分解して作ったリン酸液に
アンモニアを反応させて作られたリン酸アンモニウムは
高度化成肥料の原料として多くつかわれています。

スポンサーリンク

もうひとつの方法は熱を加え、フッ素を除去または反応しない形に変え
アパタイトの安定した構造を破壊する方法です。

この方法で作られる肥料としては熔成リン肥と焼成リン肥があります
これらの肥料はアルカリ性肥料であり、また水溶性成分を持たないため
酸性の火山灰土に適した肥料です

土壌中のリン酸の動き

土壌中には鉱物に由来したリン酸があります
主なものはリン灰石とフッ素リン灰石です。

日本の土壌中のリン酸は0.05%-0.1%程度です。

肥料として施用されたリン酸は、一部が野菜に吸収されますが、
大部分は土壌中でカルシウム、鉄、アルミニウムと結合して、
溶けにくいリン酸カルシウム、リン酸鉄、リン酸アルミニウムになります。

そのほかに有機体リン酸があり、その形態はイノシトールリン酸、
ヌクレオチドリン酸、リン脂質などがあります。
これらのリン酸は土壌中でゆっくりと分解し植物に利用されます。

土壌酸度が中性ですとリン酸はカルシウムと結合することが多くなります。
また土壌pHが6以下になると、リン酸は鉄やアルミニウムと結合します。

リン酸カルシウムは有機酸と反応して水溶性になり野菜に吸収されますが
リン酸鉄やリン酸アルミニウムは水に溶けにくく、
とくにpH4以下では野菜に利用されにくくなります。

⇒窒素肥料について

⇒カリ肥料について

スポンサーリンク

-リン酸肥料, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の種類と肥料の量|収穫する野菜の種類によっても必要量は異なります

肥料の三要素は、窒素・リン・カリの3つで、それぞれN・P・Kと表記されます。育てる野菜の種類によって、このN・P・Kの量は異なりますので、この必要量を正しく守り、育てることが重要となります。 例えば、 …

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …