初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の過剰症について|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

野菜が育つためには、元素が必要分、土に含まれている事が重要です。
不足することで欠乏症を起こし、さまざまな障害が現れることもあります。

しかし、過剰に与えすぎても過剰症を引き起こし、欠乏症と同じく、
さまざまな障害が現れます。

またこの過剰症は、特定の元素が多すぎてしまった場合だけではなく、
施した肥料量が土に対して、野菜に対して多すぎてしまった場合、
液体肥料の濃度が規定よりも濃くなってしまった場合などにも起こります。

■窒素の過剰症

人間で言うところの肥満になります。
それを支えるはずの茎や葉は弱くなり、緑色の部分の色が黒っぽく変色します。
花や実などもなりにくくなりますので、注意してください。

■リン酸の過剰症

スポンサーリンク

窒素など他の元素と比べ、症状は出にくいと言えますが、
マグネシウムの吸収力が落ちるため、マグネシウムの欠乏症を引き起こします。

■カリウムの過剰症

こちらも、他の元素と比べて症状が出にくいと言えますが、
カルシウム・マグネシウムの欠乏症のきっかけになりますので、注意しましょう。

■石灰の過剰症(カルシウム)

土壌がアルカリ化するため、根っこの生育が阻害されます。
症状としては、葉が淡い黄色のようになってくることがありますので、
良く観察することが大切です。

また同時に、リン酸・カリ・マグネシウム・マンガン・鉄・亜鉛・ホウ素などの
欠乏症に注意しなければなりません。

■苦土の過剰症(マグネシウム)

カルシウムや、カリの吸収が悪くなるだけでなく、マンガン・亜鉛・ホウ素
の欠乏症も起こりやすくなります。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園で使う肥料の種類

家庭菜園で使う肥料にはどんなものがあるのでしょうか? 肥料には有機質と無機質に大別され、 ほとんどは粒状か粉状となっています。 有機質肥料 動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれ …

no image

野菜にも人間にも必要なマグネシウム(苦土)|肥料で補う二次要素

植物、動物ともに、マグネシウム(Mg)は生命と繁殖のために必要です平均的な成人は約25gのマグネシウムをもっています 体の中のマグネシウムの役割の多くはまだ十分に解明されていませんが多くの酵素を適正に …

no image

家庭菜園で使える堆肥の種類|家畜糞堆肥の特徴

家庭菜園の土作りの説明には、良く「堆肥」という言葉が使われると思いますが、 この堆肥というのは、具体的にどんな状態の肥料なのでしょうか? スポンサーリンク

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

no image

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。 ■窒素 窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、同化作用を促進するはたらきが …

カテゴリー

最近のコメント