初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の三大要素|化成肥料と有機質肥料

投稿日:

肥料を使えば、よりたくさんの野菜を収穫でき、野菜を美味しく食べることができます。
土にもたくさんの種類がありますが、肥料もたくさんの種類がありますので、
家庭菜園初心者の方は、どれを選べばいいか迷ってしまうのではないでしょうか?

肥料の三大要素、そして化成肥料と有機質肥料のあり方が分かれば、
現在育てている作物に、適した肥料を選択することが出来ます。

◆肥料の三大要素

肥料の三大要素とは、チッ素・リン酸・カリのことです。
肥料の成分のことで植物には欠かせないものとなっています。

肥料には、この三大要素をチッ素(N)リン酸(P)カリ(K)で表します。
初心者の方も肥料などの表記で見たことがあるのではないでしょうか?
通常「チッ素N:リン酸P:カリK」のように書かれています。

・チッ素
葉肥とも呼ばれており、主に葉や茎の生育を促すものです。

・リン酸
実肥とも呼ばれており、主に花や実の生育を促すものです。

・カリ
根肥とも呼ばれており、主に根や茎を丈夫にし病気になりにくくするものです。

上記のように実を付ける野菜であるプチトマトには、リン酸を多く、
ほうれん草などの葉物野菜には、窒素分が多い肥料を選びます。

スポンサーリンク

◆化成肥料と有機質肥料

化成肥料とは、チッ素・リン酸・カリという化学的に合成されたもののうち、
2種類以上を含んでいる複合肥料のことをさします。

形状はさまざまで、液体状のものもあれば、粒状のものがあります。
成分は安定しているので、散布しやすいメリットがあります。

有機質肥料とは、自然素材を原料とした肥料のことです。
牛糞や鶏糞、骨粉などの動物質肥料と、たい肥、油カスのような植物質肥料に
分けられています。

化成肥料に比べると、有効成分の比率が質量と比べて少ないため、
植物に吸収される力も劣りますが、微生物の餌となっている有機質や、
微量要素がたくさん含まれているというメリットがあります。

カルシウム・マグネシウムなどの中量要素や、銅、亜鉛、マンガンなど、
微量要素と呼ばれる成分も、植物が生育する上で必要な成分です。

人がビタミンDを使ってカルシウムを吸収するように、
植物も微量要素を使ってチッ素を吸収します。

三大肥料だけではなく、これらの要素もバランス良く土の中に
取り入れられていることで、健康な植物を育てることができるのです。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

no image

野菜にも人間にも必要なマグネシウム(苦土)|肥料で補う二次要素

植物、動物ともに、マグネシウム(Mg)は生命と繁殖のために必要です平均的な成人は約25gのマグネシウムをもっています 体の中のマグネシウムの役割の多くはまだ十分に解明されていませんが多くの酵素を適正に …

野菜つくり

家庭菜園で使う肥料の種類

家庭菜園で使う肥料にはどんなものがあるのでしょうか? 肥料には有機質と無機質に大別され、 ほとんどは粒状か粉状となっています。 有機質肥料 動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれ …

カリウム 肥料

カリ肥料とは|肥料の三大栄養素(K)の効果

カリの必要性 野菜は多量のカリを吸収しますが、カリの生理作用や役割については 窒素やリン酸ほどは明らかになっていません。 これはカリウムの大部分が植物体内でイオンの形で 細胞の中に溶けていることに関係 …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

カテゴリー

最近のコメント