初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

プランターで簡単にミニトマト栽培

投稿日:

夏の野菜と言えばトマトですね!
でも、大きなトマトを栽培するのは
ちょっと難しいと思う方は、ミニトマトがオススメですよ♪
我が家では毎年、庭の隅にプランターを2つ並べて
2種類のミニトマトを栽培します。
昨年は、丸いタイプのほかに、細長い品種の「アイコ」を栽培しましたが、
甘くて家族に大評判でした!
プランターを2つ並べると、たくさん栽培できるだけではなくて、
支柱も丈夫に組めるので、風雨にも安心です。
さて、肝心のミニトマトの栽培法ですが、
我が家では、ゴールデンウィークが過ぎてからミニトマトの苗を購入します。
中には黄色い花が咲いているものもありますが、
選ぶポイントとしては、葉が元気でしっかりしている苗を選べば、
お花はあまり関係ありません。
やはりおいしいミニトマトを収穫したいので、肥料もあげたほうが良いですね。
我が家では肥料が少なかった年は、
収穫できる数が少なく、甘みも薄くなってしまいました。
水やりは、はじめは1日1回で十分ですが、
実が色づき始めたら1日2回を目安に。
その頃には気温も高くなっていますので、
自分の水分補給が増えてきたら野菜にも水やりを増やしましょう。
ミニトマトは、日光を浴びる量で赤く染まるスピードが違うようです。
はじめの実は、梅雨の時期に重なることもあり、
十分な大きさになってからもかなり長い間青いままです。
この頃になると、収穫が待ち遠しくて、毎日点検するようになると思いますが、
こればかりはお日さまが十分当たるのを待つしかなさそうです。
でも、梅雨が明けて毎日日光が照りつけるようになると、
今までが嘘のように次々に収穫できるようになります。
ただし、最初の実は、長く青いままで枝についているためだと思いますが、皮がかたいです。
でも、次の実からは皮がやわらかくなりますので、ご安心を。
庭でとれたミニトマトは、とてもおいしいですよ。
夏のサラダにぜひお試しを!

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でネギの根を再生させて育てる方法

一番簡単に育てることが出来る野菜… それはずばり、ネギです。 ネギと言っても大きくて高級な、お鍋に入れるようなネギではありません。 お味噌汁、冷奴、インスタントラーメンなど毎日の食卓に花を …

no image

家庭菜園でミニトマトを種から育てました

家庭菜園はほとんど経験したことがありませんでしたが、 今年は子供と一緒にミニトマトを育てました。 ミニトマトの苗は売っているのをよく見かけるのですが、 種から育てることに挑戦してみました。 種まきをし …

no image

家庭菜園キャベツの無農薬栽培は難しい|虫対策が重要

農薬を使わないでキャベツを作るには、 かなりの手間が必要だと自分で栽培してみてはじめてわかりました。 一度、無農薬で栽培したところ、 収穫したキャベツの中身がほどんと空っぽになっていました。 そう・・ …

no image

日当たり悪くても育つ野菜|ネギ、ミツバなど

最近、家庭菜園がブームになっています。 安心安全な野菜を口にした人たちにとって、 野菜作りはとても重要になってきます。 しかし野菜作りはきちんと知識をもって臨まなければ、 良い収穫ができずに終わってし …

no image

家庭菜園のイチゴ栽培が楽しみ|おいしいイチゴができるとうれしいね

孫ができて、孫が遊びに来た時に大好きなイチゴを摘めるように栽培を始めました。 最初の年は、買ってきた3鉢の苗を育て実を着けさせて喜びを味わい、 そのイチゴのリードを育てて多くの新しい苗を確保しました。 …

カテゴリー

最近のコメント