初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

「 家庭菜園の土作り 」 一覧

no image

家庭菜園の土の作り方

家庭菜園で野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、収穫の後、家庭菜園の畑を耕すときに畑全体に石灰または苦土石灰を1?あたりに200?400gくらいを混ぜ、よく耕します。 ここで、気をつけることは家庭 …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …

no image

家庭菜園に改良材を施用して土壌のpHを整える

日本の土壌は酸性土壌なので、一般には土壌改良材を利用して野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、大部分の養分はpH6?7で水に解けるこ …

no image

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

日本の土壌は酸性土壌なので、 一般には土壌改良材を利用して 野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、 大部分の養分はpH6?7で水に解 …

no image

有機物の施用| 土の透水性、保水性、保肥力、通気性の改善

家庭菜園に有機物を投入することによって、 土粒問に適度なすき間ができます。 これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、 土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。 よく耕すことによ …

no image

深耕とは|根群域の拡大と水分、養分の保持力の増大

2011/08/20   -家庭菜園の土作り
 

土壌を深く耕すことによって、 ?根群域の拡大 ?水分、養分の保持力の増大 ?排水性の良好化 などを図ることができます。 一般のロータリー耕やカルチの他に、 スポンサーリンク プラウや深耕ロータリー、あ …

no image

野菜作りでは土作りが大切

◆ 野菜作りの基本は、なんといっても、土作りが最も大切 ◆ 植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、 下半身にあたるのが根です。 地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、 地下にある根は忘 …

no image

家庭菜園の土の役割

◆ 植物が倒れないように支える ◆ 植物は地中に根をしっかりと張る事によって 強風などでも倒れないように 地上部にある茎や幹を支えています。 ◆ 根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する ◆ …

no image

アースチェック液の使い方|家庭菜園の土壌pHの測定方法

◆手軽に測定◆より良い環境で植物を育てましょうpH測定液・アースチェック5ml一目でわかる土壌… スポンサーリンク 植物にはそれぞれ栽培にてきした土壌酸度があり、適した土壌で育てることが大 …