家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

emji044-s.jpg

日本の土壌は酸性土壌なので、

一般には土壌改良材を利用して

野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。

土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、

大部分の養分はpH6?7で水に解けることができます。

これは主として土壌微生物の活動に

好適なpHであることと関係が深いです。

家庭菜園への土壌改良材は作付前2?3週間に散布し、

スポンサーリンク

十分耕しておきましょう。

家庭菜園での施用量は1a当たり12?14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいです。

なお、野菜の種類によって好適pHが

異なりますので注意が必要です。

土壌改良材は作付前2?3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。

施用量は1a当たり12?14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園の土作り
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました