初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

投稿日:

emji044-s.jpg

日本の土壌は酸性土壌なので、

一般には土壌改良材を利用して

野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。

土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、

大部分の養分はpH6?7で水に解けることができます。

これは主として土壌微生物の活動に

スポンサーリンク

好適なpHであることと関係が深いです。

家庭菜園への土壌改良材は作付前2?3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。

家庭菜園での施用量は1a当たり12?14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいです。

なお、野菜の種類によって好適pHが

異なりますので注意が必要です。

土壌改良材は作付前2?3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。

施用量は1a当たり12?14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

土壌のEC値は簡単に測定できます|家庭菜園の土つくりは土壌診断から

土作りは、闇雲に必要となるものを入れるだけでは効果が発揮されません。まずは、その土地の土壌診断を行い、現在の土の状態はどうなっているのか、pH(酸度)はどうか、肥料成分はどれくらい含まれているのかを知 …

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、 過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。 スポンサーリンク 植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカ …

no image

家庭菜園の冬の作業|この時期にしっかり土作りを

本格的な冬を迎えると、家庭菜園は越冬野菜しかなくなってしまいます。 この時期は、空いている畑が必然的に多くなりますので、しっかりと管理を行い、 来年に向けて菜園の状態を良く保っておきましょう。 水はけ …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …