初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

家庭菜園の土作りに土壌改良材を利用する

投稿日:

emji044-s.jpg

日本の土壌は酸性土壌なので、

一般には土壌改良材を利用して

野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。

土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、

大部分の養分はpH6?7で水に解けることができます。

これは主として土壌微生物の活動に

スポンサーリンク

好適なpHであることと関係が深いです。

家庭菜園への土壌改良材は作付前2?3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。

家庭菜園での施用量は1a当たり12?14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいです。

なお、野菜の種類によって好適pHが

異なりますので注意が必要です。

土壌改良材は作付前2?3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。

施用量は1a当たり12?14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

家庭菜園の冬の作業|この時期にしっかり土作りを

本格的な冬を迎えると、家庭菜園は越冬野菜しかなくなってしまいます。 この時期は、空いている畑が必然的に多くなりますので、しっかりと管理を行い、 来年に向けて菜園の状態を良く保っておきましょう。 水はけ …

no image

家庭菜園の土の役割

◆ 植物が倒れないように支える ◆ 植物は地中に根をしっかりと張る事によって 強風などでも倒れないように 地上部にある茎や幹を支えています。 ◆ 根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する ◆ …

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント